駅ナカの自販機で販売されているドリンクを1日1本受け取ることができる、自販機のサブスクリプションサービス「everypass (エブリーパス)」が10月1日からはじまります。JR東日本エリアの駅に設置されている約400台の「イノベーション自販機」と呼ばれる自販機が対応します。

価格は、アキュアメイドのドリンクが対象となる月額980円の「アキュアメイドプラン」と、イノベーション自販機の全ドリンクの中から選べる月額2,480円の「プレミアムプラン」の2種類。アキュアメイドプランは1人1回のみ利用可能です(2ヶ月目はプレミアムプランに移行します)。

everypass専用のスマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」へ配信されるQRコードをかざすことで、1日1本、対象のドリンクを受け取ることができます。

値下げなしのプロパー価格で、そんなに頻繁に駅ナカ自販機を利用するかなっていう疑問はさておき、仮に30日間、毎日150円のドリンクを購入し続けると4,500円となるため、このサブスクサービスを利用したほうが2,020円おトクだということになります。

通勤・通学などで利用する駅に「イノベーション自販機」が設置されていて、行き帰りどこかのタイミングで自販機をよく利用しているという場合、サービス加入を検討してみてもいいかもしれません。

イノベーション自販機の設置箇所はacure 公式サイトで確認できます。関東首都圏が中心ですが、東北地方などへも設置が進んでいるようです。

まずは抽選で選ばれる500名からスタート

「everypass (エブリーパス)」はまず、抽選で選ばれる500名からサービスを開始します。2019年9月2日〜9月16日の期間に募集が行われ、応募者の中から抽選で選ばれた500名がサービスを利用できます。

希望する場合はアプリをダウンロードし応募しましょう。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.acurepass
https://apps.apple.com/jp/app/acure-pass/id1153950554

アプリのインストール後、「アキュア メンバーズ」と連携を行います。その後応募フォームに必要事項を記入して申し込みます。あとは当選通知を待ちます。

サービスに加入している間は、毎日0時に1日1度利用できるQRコードが配信されます。そのQRコードを対応自販機でかざし、画面に表示される飲みたい商品をタップします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン