「Nintendo TOKYO」とは、商品購入だけでなくイベントやゲーム体験も楽しめる国内初の任天堂直営オフィシャルショップ

2019年秋に開業予定の新生・渋谷PARCO(パルコ)に、任天堂直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」がオープンします。これまでニューヨークだけだった任天堂オフィシャルショップが、遂に日本国内にも誕生。現時点で判明している情報についてまとめています。

名称

ショップ名:Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)

ショップの名称は「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」に決まりました。ニューヨークにある旗艦店「Nintendo NY」と揃えた格好です。「Nintendo NY」は2016年2月に、店舗の大規模改装とともに、それまで親しまれていた「Nintendo World Store」から現在の地名が入ったショップ名へと名称変更されました。

オープン日

2019年11月下旬

フロア

6階

取扱アイテム

任天堂のゲーム機本体、ソフト、キャラクターグッズなどの販売。イベントの開催やゲームの試遊なども計画。

「Nintendo TOKYO」では、任天堂のゲーム機本体やゲームソフト、キャラクターグッズなどが販売されます。

任天堂は近年、自社IPの積極活用を掲げ、マリオやゼルダ、カービィ、スプラトゥーンなどキャラクターのグッズ展開が増えています。海外では以前からゲーム周辺機器に限らない公式ライセンス商品展開が活発でしたが、日本国内でも徐々に広がっており、おもちゃやファッションアイテム、文房具など様々な分野で任天堂キャラクターを見ることができるようになってきました。「Nintendo TOKYO」では、そうした様々な任天堂グッズを購入できるようになる予定です。ここだけの限定商品も登場するかもしれません。

また、イベント開催やゲーム試遊機会の提供も計画されています。たとえばニューヨークの「Nintendo NY」では、新作ソフトの発売日イベントが行われたり、ニンテンドーダイレクトのライブ中継が行われたりしています。また店内には試遊スペースがあり、Nintendo Switch やニンテンドー3DSソフトを体験することができます。ビデオウォールと呼ばれる大型スクリーンでゲームを体験することも。

任天堂は「国内における任天堂の情報発信の新たな拠点として、幅広い層のお客様にお楽しみいただける場にするよう、準備をすすめています」と説明しています。

新生・渋谷パルコの開業は2019年11月下旬。はたしてどのような店舗が出来上がるでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible