北海道電力(ほくでん)は9月7日午前6時までに、130万9千戸の停電が解消したと発表しました。6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震により、北海道内最大の火力発電所苫東厚真火力発電所が緊急停止するなどして、道内全域の295万戸が停電していました。7日6時までに、4割以上が解消したことになります。

ほくでんによると停電が解消したのは道内34市98町9村の一部。内訳は次の通りとなっています。

石狩振興局

札幌市、江別市、千歳市、北広島市、恵庭市、石狩市、当別町、新篠津村

空知総合振興局

岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、夕張市、南幌町、奈井江町、由仁町、長沼町、栗山町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、月形町、沼田町

後志総合振興局

小樽市、蘭越町、ニセコ町、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、共和町、岩内町、余市町、古平町、泊村、神恵内村、赤井川村

渡島総合振興局

函館市、北斗市、森町、七飯町、八雲町、福島町、松前町、木古内町、鹿部町、知内町、長万部町

檜山振興局

せたな町、江差町、上ノ国町、今金町

胆振総合振興局

室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、安平町、厚真町、白老町、豊浦町、洞爺湖町

日高振興局

日高町、浦河町、新ひだか町

上川総合振興局

旭川市、士別市、名寄市、富良野市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、上富良野町、剣淵町、占冠村、幌加内町、中川町、下川町、美深町

留萌振興局

留萌市、小平町、苫前町、天塩町

宗谷総合振興局

稚内市、猿払村、浜頓別町、枝幸町

オホーツク総合振興局

北見市、網走市、紋別市、美幌町、津別町、斜里町、清里町、小清水町、置戸町、訓子府町、佐呂間町、大空町、滝上町、興部町、雄武町、遠軽町

釧路総合振興局

釧路市、弟子屈町、厚岸町、鶴居村、白糠町、標茶町

根室振興局

別海町、中標津町

十勝総合振興局

帯広市、上士幌町、音更町、幕別町、士幌町、中札内村、更別村、芽室町、鹿追町、新得町、清水町、大樹町、広尾町、池田町、豊頃町、本別町、足寄町、陸別町、浦幌町

発表によると、火力と水力、本州からの電力融通をあわせ、7日の供給能力は最大で312万キロワットを確保できる見通しだそう。ただし、それでもまで5日のピークだった380万キロワットの8割ほどにとどまります。停電がいったん解消された世帯であっても、供給力に限りがあることから、可能な範囲で節電してほしいとほくでんは呼びかけています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で