横浜市とポケモンは18日、毎年夏に開催しているピカチュウが市内のあちこちに登場するイベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」を、2018年も行うコトを発表しました。開催期間は8月10日〜16日。のべ1500匹以上のピカチュウが、今年は昼だけでなく夕方以降にも登場。デジタルテクノロジーを活用した演出を行うなど、これまでとは異なる新たな切り口のイベントとなる予定です。

「ピカチュウ大量発生チュウ!」は、2014年からはじまり、今年で5年めの開催を迎える、たくさんのピカチュウが横浜・みなとみらい地区を中心に、横浜市内各所に登場する夏の人気イベント。「SCIENCE IS AMAZING かがくのちからってすげー!」と題した2018年版は、のべ1500匹以上のピカチュウが、昼だけでなく夜にも登場。

昼と夜で異なる演出がなされる「ピカチュウの大行進」や、赤レンガ倉庫での人気の「ずぶぬれスプラッシュショー」、さらにデジタルテクノロジーを融合させた夜のステージ「デジタルスプラッシュショー」が初開催されます。

そのほか、みなとみらいの内港で、海上でのパレードやショーなどが予定されています。海を使ったピカチュウ・パレードは、Rhizomatiks や WOW によるデジタルテクノロジーを使った内容となっていて、パナソニックの技術協力のもと、見たことのない世界を見られるということです。

イベント 概要

イベントタイトル

ピカチュウ大量発生チュウ! 「SCIENCE IS AMAZING かがくのちからってすげー!

開催期間

2018年8月10日 〜 16日

実施内容 (予定)

1. ピカチュウの大行進

今年は、昼と夜で異なる演出により、たくさんのピカチュウが行進を行います。

2. デジタルスプラッシュショー

毎年好評を博している赤レンガ倉庫での「ずぶぬれスプラッシュショー」。今年は、昼のショーに加え、デジタルテクノロジーを融合させた夜のステージを初めて開催します。

3. 海を使ったピカチュウ・パレード

みなとみらいの内港で、美しい景観を背景に、海上でのパレードやショーを行います。RhizomatiksやWOWによるデジタルテクノロジーを使った内容で、パナソニック株式会社の技術協力のもと、見たことのない世界をお見せします。

今年はポケモンGO連携イベントなし

2017年はモバイルゲーム『ポケモンGO』と連携して、約300万人が訪れる人気イベントとなりました。ただし、歩きスマホや交通渋滞が問題になったことから、2018年は『ポケモンGO』と連携した特別なイベントは実施されないということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で