日本でもキャッシュレス化をもっと進めようという話が経産省から出てきたところでさっそく動きが。

イオンは、客がクレジットカードをタッチするだけで決済ができるシステムを来年3月から導入します。2020年までにグループ約10万台のレジに広げる計画だそう。タッチ決済に対応するクレジットカードは「VISA」ブランドのタッチ決済機能を持つカード。VISAはキャッシュレス決済を世界70か国以上で展開していて、国際標準のセキュリティー認証技術を持っています。キャッシュレス決済導入後はカード偽造や悪用リスクが低減し、安心安全で迅速な決済方法が実現します。

イオンとビザ・ワールドワイド・ジャパンはキャッシュレス決済で連携する。16日、イオンが展開する総合スーパー(GMS)やドラッグストアなどで、ビザの決済端末を導入すると発表した。2020年までにグループの約10万台のレジに広げる計画。海外からの訪日外国人(インバウンド)客のニーズにも対応することで、新たな消費を開拓する考えだ。

via: イオン、ビザのキャッシュレス決済導入 20年までに10万台  :日本経済新聞

このシステムが導入されると、店員がカードを受け取って端末でデータを読み取る作業が不要となるほか、高額の場合を除いて暗証番号の入力やサイン記入も不要になるということです。

イオングループは全国で1万6000店舗以上。キャッシュレス決済は各業態で利用可能になるそうです。18年9月からは、VISAマークのついたイオンカードもキャッシュレス決済用の IC を搭載したカードに順次切り替わるとのこと。電子マネーを別途用意することなく、クレジットカードだけで Suica 感覚でピッと支払いできるようになるのなら便利ですね。

スーパーも徐々にセルフレジが導入されたり、時短への取り組みがみられますが、2020年の東京五輪やその後のインバウンド消費拡大も含めた対応がますます広がりそうです。イオンは電子マネー「WAON(ワオン)」やイオンカード支払いが人気ですが、VISA との連携でキャッシュレス決済の利便性をさらに高め、2025年までに、グループのキャッシュレス決済の比率を80%程度まで高めたいということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で