任天堂開発子会社NERDが次世代プラットフォームも視野に入れたエンジニアを募集


NERD - Nintendo European Research and Development

 

フランスにある任天堂の開発子会社 NERD(Nintendo European Research and Development SAS)が、現行機および次世代の任天堂プラットフォームを対象とするゲームテックエンジニアを募集しています。

この職種はゲームエンジンアーキテクチャやクロスプラットフォーム開発、ネットワークプログラミング、大規模なコードベースとのインタラクションに重点を置いているといい「任天堂の現行プラットフォームと次世代プラットフォームを対象に、最先端のソリューションやさらにその先を目指すことを目標としています。またゲーム開発者と協力して新しいテクノロジーを市場に投入することも必要になるでしょう」としています。

NERDはまた、レトロハードのエミュレーター開発・メンテナンス等を行うエミュレーションエンジニア、脆弱性の発見・悪用に対処するエンベデッドセキュリティエンジニアも募集しています。

NERD はフランスのパリにある任天堂の先端要素技術を研究する会社。2011年より任天堂グループの傘下に。以前は Mobiclip として知られていました。約 75 名の従業員が在籍し、任天堂プラットフォームに幅広く展開される重要なソフトウェア技術や最先端技術の開発研究を行っています。

『ニンテンドークラシックミニ』シリーズや Nintendo Switch Online で提供されている過去ハードのエミュレーション、『スーパーマリオ 3Dコレクション』でのニンテンドーゲームキューブソフト『スーパーマリオ サンシャイン』の HD リマスター、Wii ソフト『スーパー マリオ ギャラクシー』の移植、『Nintendo Switch Sports』での自然なモーション操作、『リングフィット アドベンチャー』における Joy-Con (R) に備わるモーション IR カメラを活用した脈拍測定システムなどで彼らの技術が活用されています。


この記事をシェアする

Next

Previous