任天堂は8月2日、キャリア採用(中途採用)として「デザイナー」の募集を開始しました。新たに募集が行われている職種は「絵コンテ/ストーリーボードアーティスト」「映像制作スタッフ(エディター/コンポジター)」。勤務地は京都です。

「絵コンテ/ストーリーボードアーティスト」の業務内容は、ゲームソフトのイベントシーン(ムービー)や関連映像における絵コンテ(ストーリーボード)の制作、イメージボードの制作、ディレクション、ストーリー開発。キャリア採用枠なので、商業作品で2Dアニメの絵コンテ制作や3DCG作品の絵コンテ制作、ゲームソフトのイベントシーンの絵コンテ制作といった実務経験が適正として求められます。

「映像制作スタッフ(エディター/コンポジター)」の業務内容はゲームソフトに実装される映像の編集や合成、ディレクション。また広報用映像(PV)の編集や合成、ディレクションなど。こちらも適正として、CMなどの広告媒体やゲームソフトのPVにおける映像編集、合成の実務経験があると望ましいとされています。

いずれの職種も、応募の際には自分の実力をアピールできる作品や関わった作品の紹介、また作品の説明資料の送付が必要です。

京都勤務のデザイナー職はその他、3DCGデザイナーやUI/UXデザイナー、エフェクトデザイナー、テクニカルアーティスト、広告デザイナー、イラストレーター、キャラクター商品デザイナー、パッケージデザイナーでも募集が行われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で