Apple Musicが追加料金なしで高音質化、ドルビーアトモスによる空間オーディオやロスレスに対応

Apple Music

アップルは2021年5月17日、2021年6月より音楽配信サービス「Apple Music」の音質を引き上げると発表しました。ドルビーアトモスによる空間オーディオを導入するほか、ロスレスオーディオにも対応。

より高音質、より臨場感あるオーディオ体験が、Apple Music 加入者向けに “追加料金なし” で提供されます。

Apple Music は個人プラン月額980円で利用できるアップルの音楽配信サービス。3か月の無料トライアルも提供。

7,500万曲以上が配信されており、手持ちのデバイスから広告無しで聴くことができます。お気に入りの曲をダウンロードして、オフライン再生も可能。ラジオや厳選プレイリストも。

ドルビーアトモスによる空間オーディオは、まずは数千曲で提供を開始。その後、定期的に追加が行われます。

Apple Music の空間オーディオは、H1 チップまたは W1 チップを搭載したすべての AirPods と Beats のヘッドフォン、および最新バージョンの iPhone、iPad、Mac の内蔵スピーカーで標準対応。ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生します。

ロスレスオーディオは Apple Music で配信される7,500万曲以上が対応。16ビット/44.1kHzのCD品質から、最大24ビット/48kHzまで。また最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供されます。

なおロスレスおよびハイレゾロスレスオーディオは大きなファイルサイズと帯域幅を必要とするため、設定の上で聴くことができます。「設定」>「ミュージック」>「オーディオの質」でオンにできます。

より高音質な音楽配信は、たとえば Amazon の「Amazon Music HD」ではハイレゾ音源が提供されていますが、利用するには「Amazon Music Unlimited」の料金(月額980円。Amazonプライム会員は月額780円)に、追加料金として1,000円が必要。利用するには月額1,980円、プライム会員は月額1,780円が必要になります。

これを今回アップルは Apple Music の料金そのまま、追加料金なしで高音質サービスを提供するということで、他サービスへのインパクトは大きそうです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。