アマゾンジャパンは、Amazon.co.jpの有料会員制プログラム「Amazonプライム」について、4月12日、会費の改定を実施しました。事前の告知なく行われた今回の価格改定では、年会費が1,000円上昇して4,900円(月408円相当)、月会費が100円上昇して500円となりました。25%の値上げです。

値上げ後の会費は、5月17日以降の請求から適用されますが、月会費から年会費へ変更するなど会費プランを変更する場合は、4月12日より新料金が適用されます。

Amazonプライム会費が25%値上げ

Amazonプライムは、買い物が便利になる配送オプションやタイムセールの先行参加などに加えて、対象の動画コンテンツが見放題の「Prime Video」、100万曲以上の音楽が聴き放題の「Prime Music」、対象のKindle本読み放題の「Prime Reading」といったエンタメコンテンツも充実しており、Amazonでたくさん買い物をするといった人以外にも人気のサービス。

Twitchアカウントと連携すると使える「Twitch Prime」も無料ゲームやゲーム内アイテムなどの特典でゲーマーから支持を集めています。オファーの中には、Nintendo Switch Onlineの利用券も含まれています。

また画像を無制限で保存できるクラウドストレージサービス「Amazon Photo」も便利です。

値上げの理由は?

Amazonプライムは海外では数回にわたって値上げが行われており、本国アメリカでは2018年5月、年会費が99ドルから119ドルへ改定されています。日本では2007年のサービス開始以来これまで年3,900円という安価な会費が維持されていましたが、ついに値上げとなりました。

CNET Japanによると、アマゾンの担当者は価格改定の理由について「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」と説明した。ということです。

なお、学生向けプランPrime StudentもAmazonプライムの価格改定に伴い、年間1,900円から2,450円へ、月200円から250円へそれぞれ価格が変更されています。

Amazon Primeを初回30日間無料体験

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で