Amazonプライム」は、年間3,900円または月間400円で加入できるAmazonの会員制プログラム。

プライムビデオやプライムミュージック、プライムリーディングといった見放題・聴き放題・読み放題も特典に含まれる非常にコスパの良いサービスです。とはいえ、好みのコンテンツがないのにサブスクリプションサービスを契約し続けても、固定費がその分増えるわけですから、そうしたときは解約を検討することもあるかもしれません。

Amazonプライムを解約申請した時点でまだ契約期間が残っていた場合、会費の残額の扱いや、会員特典サービスは即時使えなくなってしまうのかどうかなど、気になることを調べてみました。

Amazonプライムを解約する

Amazonプライム会員登録のキャンセル方法は次の通りです。

  1. Amazonへアクセスし、「アカウント&サービス」(アカウントサービス)>「Amazonプライム会員情報」を選択。

  2. >「会員資格を終了する(特典を終了する)」を選択。

  3. 以降は、画面の指示に従います。
  4. 本当に終了するかどうかを聞かれるので、「特典と会員資格を終了」を選択します。

  5. 次はプランを変更してはどうか?と月間プランを勧められます。月間プランに変更した場合は、支払い済み年会費の残額が返金され、月額プランに移行します。

  6. 「会員資格を終了する」を選択すると、いよいよ最終確認画面が表示されます。「○○○○/○○/○○特典と会員を資格を終了」を選択すると、Amazonプライムの解約手続きが完了します。もしくは「今すぐ解約する」を選択します。

  7. 会員情報を見て、次の支払いの項目に「ご請求はございません」と表示されていれば解約申請は完了しています。

途中解約で返金される?されない?

Amazonプライムを途中で解約(アカウントをキャンセル)したら、会費の残額はどうなるのだろう?ネットを調べると返金されるとの情報も出てきますが、実際に、ある条件を満たすことで、会費の返金を受けることができます。

会費が返金される条件

1.サービスを利用していないとき

Amazonプライム会員の会費の返金を申請できる条件は、「初回30日間の無料体験期間終了後に有料会員へ移行したものの、Amazonプライムの特典を利用せずにキャンセルした場合」です。

2.プランを変更 or 即時解約をしたとき

あるいは、期間の途中で年間プランから月間プランへ移行したとき、または即時解約をしたときは、会費プランの残額が返金され、新しい会費プランへ移行(もしくは解約)します。

契約終了まではサービスを利用できる

Amazonプライムを契約期間の途中で解約申請した場合でも、通常は即時解約となるわけではありません。以前支払った契約期間内はAmazonプライム会員の資格を有した状態となります。

Prime Video や Prime Music、Prime Readingなど、プライム会員の各種特典は、期間いっぱい利用することができます。

「今すぐ解約」を選んだ即時解約の場合はこの限りではなく、プライム特典はすぐに終了となり、残りの会員期間の残額が返金されます。

おわりに

というわけで「【Amazonプライム】期間途中で解約した時の会費残額の扱いやサービス利用について」という話題でした。特典内容を考えると、非常にコスパの良いサービスであるAmazonプライムですが、定額のサブスクリプションサービスは利用しなくても家計の固定費がかさみます。利用頻度を考慮して加入を見直すこともあるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible