Activisionの『Skylanders』、シリーズ総売上は4年で30億ドル以上。関連フィギュアは2億5000万体以上を販売

ビデオゲームとフィギュアとの連動、おもちゃに命を吹き込む「Toys-to-Life」と呼ばれるカテゴリーを開拓したActivisionの『Skylanders』シリーズ。

第1作目である2011年の『Skylanders Spyro’s Adventure(スカイランダーズ スパイロの大冒険)』以来、毎年秋冬に新作が発売され、今年も最新作『Skylanders SuperChargers』が9月に発売されますが、同フランチャイズの総売上は30億ドル(1ドル124円換算で3720億円)以上、関連フィギュアの販売数も2億5000万体以上に上っている事が明らかになりました。

この数字は『Skylanders SuperChargers』の発表資料から明らかになったもの。

2011年の『Skylanders Spyro’s Adventure』から始まったゲームとフィギュアが連動する新しいカテゴリーのゲームは、2012年の『Skylanders Giants』、2013年の『Skylanders SWAP Force』、2014年の『Skylanders Trap Team』と、ただキャラクターを増やすのではなく、フィギュア側にもインタラクティブな仕組みを次々盛り込み、着実に進化を重ねてきました。

昨年の『Trap Team』では、フィギュアをゲーム世界に送るだけでなく、ゲーム世界から現実世界に連れてくる仕組みを導入。これにより、Activision曰く、キッズ向けとしては世界ナンバーワンのコンソールゲームとなりました。2015年の最新作『Skylanders SuperChargers』ではシリーズで初めて乗り物が登場。その世界は、さらに広がりを見せています。

「Toys-to-Life」市場は、ディズニーの『Disney Infinity』、任天堂の『amiibo』、そして今年はWarner Bros./LEGOが『LEGO Dimensions』で初参入。競争は激化していますが、新規参入があることで市場は活性化し、さらに拡大するとも予測されています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。