朝日新聞、任天堂・岩田社長のインタビューねつ造を謝罪。任天堂公式サイトから創作し、抗議を受けるも2年以上放置

従軍慰安婦問題などのねつ造で揺れる朝日新聞が、任天堂・岩田社長に対して行ったとする過去のインタビュー記事においてもねつ造して掲載していたことを謝罪しました。インタビューは実際には行われておらず、公式サイト上の発言をまとめたものでした。

問題となったのは、2012年6月8日付の朝日新聞経済面「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」という記事。この記事内の任天堂・岩田聡社長部分について朝日新聞は、岩田社長への取材許可を得られなかったため、公式サイト内の動画内容をつなぎ合わせたものを、あたかもインタビューを行ったかのように仕立て、掲載したとのこと。

朝日新聞側は記事掲載後、「インタビューは受けていない」と任天堂から抗議を受けていたとしていますが、にもかかわらずこれまで2年以上放置し、ようやく紙面で謝罪記事を掲載しました。

ひとつの事象に対して意見を言うところで社のスタンスは左だ右だ中立だと各社様々であるとは思うのですけれど、一次ソース、根幹に当たる部分から創りあげてしまうってのはマスメディアとして如何なものかと。

今回は週刊文春が取材の末にスクープとして取り上げたから謝罪記事をアップしたようにも見えるわけで。こうしてきちんと謝罪記事がアップされる例はきっと氷山の一角なのでしょうね。

まあ、朝日新聞に限らずマスメディアはその影響力の大きさを顧みない飛ばし記事や不勉強な記事が少なくなかったりするのですけれど。

 朝日新聞社は2012年6月8日付経済面に、「ソーシャル時代、どう対応?/ゲーム大手4社に聞く」の記事を掲載しました。この記事のうち、岩田聡任天堂社長の部分は、任天堂のホームページ上の動画の発言内容をまとめたものでした。本来ならインタビューを受けた他の3人とは体裁を変え、動画内の発言であったことを明記するべきでした。

当時、任天堂に社長への取材を申し込みましたが、了解が得られなかったため、任天堂に動画の発言内容をまとめて記事にしたいと伝え、了解を得られたと思い込み、記事にしました。掲載後、任天堂から「インタビューは受けていない」と抗議を受けたことなどから、弊社は謝罪いたしました。

 今回新たに外部から指摘があり、事実関係を改めて調査した結果、紙面でおわびする必要があると判断しました。ご迷惑をおかけした関係者と読者のみなさまにおわびいたします。

(via: 任天堂と読者の皆様におわびします 朝日新聞社:朝日新聞デジタル

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。