海外メディアが選ぶ派生作品も含めた歴代『マリオ』ゲームトップ10、1位に輝いたのは『スーパーマリオ64』

アクションゲームとしての『スーパーマリオ』シリーズ本編のみならず、カート、スポーツ、ボードゲーム、パズル、RPGなど幅広いジャンルで様々な派生タイトルが発売されている、任天堂の看板キャラクター『マリオ』シリーズ。

海外メディア「GameTrailers」では、これまでに発売されたマリオを冠するすべてのタイトルの中から歴代トップ10を選出。そのリストを公開しています。

『マリオ』シリーズは、派生作品でも人気となり、シリーズ化されているものが少なくありません。それでも、今回のランキングでトップ10の中心となっているのは、やはり本編シリーズで、上位5タイトルは全てアクションゲーム本編作品からの選出となりました。

Top Ten Mario Games

トップ10リスト

  1. スーパーマリオ64 (N64, 1996年)
  2. スーパーマリオワールド (SFC, 1990年)
  3. スーパーマリオブラザーズ3 (FC, 1988年)
  4. スーパーマリオギャラクシー2 (Wii, 2010年)
  5. スーパーマリオブラザーズ (FC, 1985年)
  6. スーパーマリオRPG (SFC, 1995年)
  7. スーパーマリオギャラクシー (Wii, 2007年)
  8. スーパーマリオ ヨッシーアイランド (SFC, 1995年)
  9. マリオカートDS (NDS, 2005年)
  10. ペーパーマリオRPG (NGC, 2004年)

『New』シリーズからは1本も選出されず、本編タイトルとしては『スーパーマリオサンシャイン』や『3Dランド/ワールド』もトップ10入りを逃しました。また『マリオカート』では『DS』が最も高評価という結果に。

t011がえらぶ『マリオ』ゲーム トップ5

せっかくなのでと、当サイトでも歴代マリオの上位5本を選出。2Dマリオでは『スーパーマリオワールド』、3Dマリオでは『スーパーマリオ64』が強く印象に残っています。

  1. スーパーマリオ64
  2. スーパーマリオワールド
  3. スーパーマリオカート
  4. スーパーマリオギャラクシー
  5. スーパーマリオブラザーズ3

2013年末に、Wii Uで早くも本編2作目となる『スーパーマリオ 3Dワールド』が発売されるなど、最近はハイペースで新作がリリースされている『スーパーマリオ』ですが、2014年は小休止。次回作では、マリオらしい間口の広さ、安定した面白さだけでなく、新鮮な驚きを提供してくれることも期待したいところです。

スーパーマリオ 3Dワールド
スーパーマリオ 3Dワールド
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
発売日: 2013年11月21日
ジャンル: 3Dアクション
プレイ人数: 1~4人
対応: ニンテンドーネットワーク

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible