5月末に世界ローンチを迎えたWii U『マリオカート8』。本作ではMKTV機能を使ってMiiverseやYouTubeでレースを動画で振り返ることができますが、任天堂アメリカではこれを活用したTwitterキャンペーン「#MK8Challenge」の第1弾として“Bob-omb Bomber”を開始。会心のボム兵アクションを募集しています。

このコンテストは北米の13歳以上のユーザーを対象に行われ、優秀作品の投稿者上位8名にはWii U PROコントローラーと35ドル分のニンテンドープリペイドカードが贈られるとのこと。第1弾の期間は7月4日まで。

MKTVからアップロードされた動画であることなど、キャンペーンには細かな参加条件がありますが、Twitterではさっそく多数の投稿があり、様々なコースやキャラクターによるボム兵の爆破シーンを見ることができます。

キャンペーンを行って盛り上げていくのは興味深いところですが、MKTVの動画はかゆいところに手が届かないコンピュータ任せの編集なので、自分好みに早回しやスロー、パン等の編集をして保存できるともっと面白くなりそうなのになあと思います。順位変動やタイムも表示されず、他人の動画を見てもいまいち楽しめません。

マリオカート8
マリオカート8
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: アクションレースゲーム
発売日: 2014年5月29日
プレイ人数: 1-4人(通信プレイ時: 最大12人)
対応: オンライン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible