『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』が発売、完成度を高めたシリーズ第2弾【ゲームソフト記念日】

『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』は 2006 年 2月 23 日に発売された、モノリスソフト開発のRPG『バテン・カイトス』シリーズ第 2 作目。前作はナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたけれど、今回は任天堂からの発売となりました。

キャッチコピーは、「綺麗な嘘と、汚れた真実。それでも僕たちは生きていく」

2006年2月という発売当時、既にゲームキューブの勢いがなかったことや、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が人気だったこともあり、前作以上に影が薄く、セールス面では振るわなかった不遇な作品。

『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』の舞台は前作『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』の20年前の世界。シリーズものだけあって、前作を遊んでいればよりスムーズに物語に入っていける。

『バテン・カイトス』シリーズの特徴は(といってもまだ2作目ですが)、“マグナス” と言われるカードを選択しながら戦闘するマグナスバトル。カードバトルということで先入観から敬遠される傾向もあると思うんだけど(自分もプレイ前はそうだった)、やってみると意外にも遊びやすい。

リアルタイムに進行する戦闘で、カードの選択時間が限られているのでテンポよく、緊張感のある戦闘が楽しめます。カード選択と戦闘の進行が同時に進むので、必殺技の演出も間延びするものではなくスピーディーでテンポがいい。

1と違う部分は、デッキが個々からパーティー共有のものとなった部分や、防御ターンが無くなったところ、コンボの種類の変更。

プリレンダリングされた1枚背景画に3Dキャラという表示(例:FF7)は賛否あるだろうけど、個人的には作品にあった雰囲気でいい選択と思う。

物語も擦れてなく、萌えキャラに邪魔されることもない。前作と同じ舞台ということで1→2、2→1とプレイするとより楽しめると思う。続編が望まれている作品の1つで『3』の噂も出たりするけれど、公式発表はありません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。