【比較】『レッド・デッド・リデンプション』スイッチ版とXbox 360版のグラフィックに違いは


 

Rockstar Games から電撃的に発表された Nintendo Switch / PS4 版『レッド・デッド・リデンプション』。2010 年版を刷新した完全なリメイクではなく、公式はリマスターとも呼んでおらず、新たなコンバージョンだとしています。つまりは移植に近いのだと思われますが、オリジナル版との画質の違いは。

GameXplain がさっそく比較映像を公開しています。

全体的に明るくなり、ライティングが変わり、テクスチャが変わり、解像度も変更されています。カットシーンはレターボックスに。

今回のバージョンの開発担当は Double Eleven Studios。元 Rockstar Games のスタッフが立ち上げたスタジオで、Rockstar 時代には『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』や複数『GTA』に携わったといいます。Double Eleven としては『Minecraft Dungeons』や『Rust』『RimWorld』『LEGO Harry Potter』などの開発に参加してきました。

不具合が頻発し多くのファンを失望させ、修正に追われる事態となった『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』のようにならないことを期待します。今回はどうか。


この記事をシェアする

Next

Previous