【ソニックスーパースターズ】「グリーンヒル」は登場しない、プレイヤーにとっても新鮮なエリアを駆ける


 

2D/3D問わず多くの『ソニック』シリーズで登場するど定番ロケーションの「グリーンヒル」ですが、2D 最新作『ソニックスーパースターズ』でセガとソニックチームはついに、そこから離れる決断をしたようです。シリーズプロデューサーの飯塚隆氏は IGN とのインタビューで、新しい 2D ソニックゲームではこれまで見たことのないエリアやアビリティで、クラシックなゲームプレイが新鮮なものになると話しています。

「『ソニックスーパースターズ』で私たちは新しいものを作りたいと考えていましたし、ソニックとして探索できるまったく新しい場所を作りたいと考えていました。ソニックを “ノーススター諸島” へ連れていき、新しい環境の中で走らせたいなと考えました。この新作ではソニックのためにまったく新しい場所を作りたいなと」

『ソニックスーパースターズ』では過去 2D 作品に登場したおなじみのステージは登場しないことが確認されています。グリーンヒルもケミカルプラントもありません。ソニックにとってもプレイヤーにとっても新鮮なロケーションが待っています。とはいえ『ソニックスーパースターズ』はゲームプレイの観点から見れば、シリーズの基礎に立ち返った作品になるとのこと。セガは『ソニックスーパースターズ』発表の中で、“2D横スクロール「ソニック」のプレイ感はそのままに” “ソニックならではのアクションはそのままに、新たなゲーム体験が存分に楽しめます” としており、飯塚氏もまた、クラシックへの回帰であると述べています。

「私たちが今回やりたかったことのひとつに、クラシックなゲームプレイの根幹をしっかリと固めることがあります。ジャンプ、丸まる、敵にアタック。開発チームがまず着手したのは、そのクラシックなゲームプレイを正確に再現することでした。『ソニックスーパースターズ』をプレイしているときは、クラシックソニックのコアなゲーム要素を体験できます。走って、ジャンプして、丸まって、敵を倒す。そうやって前に進んでいきます」


この記事をシェアする

Next

Previous