EAがラ・リーガと複数年の新たなパートナーシップ、ゲーム内外でより深く協力

LaLiga × EA SPORTS FC

協力関係が深化。

米エレクトロニック・アーツとスペインプロサッカーリーグ「ラ・リーガ(LaLiga)」は、両者が世界のサッカーファンに画期的な体験を提供するため、複数年におよぶパートナーシップを締結したと発表しました。EA(EA SPORTS)とラ・リーガは長年にわたり良好な関係にありますが、今回の提携でその協力関係をさらに深めることになります。

2023/2024シーズンより、『EA SPORTS FC』とラ・リーガのパートナーシップにはラ・リーガのすべての大会のネーミングライツが含まれるほか、すべてのロゴ、グラフィック、フォントその他のビジュアル要素のリブランディングが実施されます。加えてゲームとの統合、放送のハイライト、サッカーを発展させるための草の根的な取り組みを支援するための共同声明も発表されています。

新たなパートナーシップにはラ・リーガの1部と2部、さらにジュニア年代の大会 LaLiga Promises(ラ・リーガ・プロミセス)、eスポーツの eLaLiga も含まれます。

EA は1994年から約30年にわたり続いてきた “FIFA” を冠するサッカーゲームシリーズを、2022 年発売の『FIFA 23』をもって終了。2023 年からは新ブランド『EA SPORTS FC』を立ち上げます。新ブランドになっても EA が『FIFA』シリーズで培ったノウハウは継承。世界 300 以上のライセンスパートナーとの協力関係は維持あるいは拡大され、世界各国 100 以上のスタジアム、30 以上のリーグ、700 ものチーム、19,000 名以上の選手といったこのシリーズならではの本物が引き続き提供されます。

share