【噂】Switch『マリオパーティ スーパースターズ』に DLC の可能性


マリオパーティ スーパースターズ

 

Nintendo Switch ソフト『マリオパーティ スーパースターズ』で、追加コンテンツが提供されるかもしれません。YouTube 広告で、本作の DLC に関する広告が表示されたとする報告が海外で出ています。報告によればその内容は、“ダウンロードコンテンツを購入するならどのタイトル?” というアンケート形式のもので、選択肢の中に『ホットウィール アンリーシュド』『マリオカート8 デラックス』『あつまれ どうぶつの森』と並んで、『マリオパーティ スーパースターズ』が含まれていたのだそう。

『マリオパーティ スーパースターズ』でDLCが開発?

4 つのソフトの中で『マリオパーティ スーパースターズ』は唯一今のところ無料でも有料でも DLC が提供されていないため、DLC を望んでいる人がどれだけいるのかを確認する事前調査ではないか?というのがひとつの見方として挙がっています。

ニンテンドースイッチで発売されてるもうひとつのマリパ、『スーパー マリオパーティ』では、ユーザーから要望の多かったオンラインプレイ対象の拡大が、2021年のアップデートで実現しました。また『マリオカート8 デラックス』は、発売から 5 年が経つ 2022 年になってから DLC の配信が決定。2023 年末にかけ 48 コースが順次追加(8コース×6回)され、現在の 2 倍のボリュームになる予定です。

現時点では DLC のアナウンスがない『マリオパーティ スーパースターズ』も、後に何かしらの追加があって不思議ではありません。

『マリオパーティ スーパースターズ』は歴代シリーズから厳選された 100 種類のミニゲームやN64 版のボードをリメイク収録した、初代から Wii U 版までの据置 10 作品のベスト盤的なマリオパーティ。最初からオンラインプレイにも対応し、世界中のプレイヤーと対戦することができます。

2021年10月29日の発売ながら、年末までのほぼ 2 か月で世界 543 万本を販売するヒットを記録しています(前作『スーパー マリオパーティ』は2018年10月5日発売で年末までに世界530万本)。

過去作品からミニゲームやボードをリメイク収録している本作の特長を考えると、本編では収録しきれなかった懐かしのミニゲーム/ボードを DLC で増やしていくこともユーザーの声に応えるといえそうですが、はたして実現するでしょうか。


この記事をシェアする