アニメ配信大手『クランチロール』がNintendo Switchに対応

アメリカ発のアニメ配信サービス『Crunchyroll』(クランチロール)が Nintendo Switch に対応。海外で視聴アプリがリリースされています。

アプリのダウンロードは無料。

『Crunchyroll』は世界 200 以上の国や地域で 1 億人以上のユーザーに対して日本のアニメなどを海外配信している、Ellation Holdings が運営するサービス。2021年8月に、ソニーグループの完全子会社である Sony Pictures Entertainment が、Funimation (SPEとアニプレックスの合弁会社)を通じて AT&T から買収。現在はソニーグループ傘下のサービスとして提供されています。

Nintendo Switch 向け視聴アプリでは『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』『東京卍リベンジャーズ』『僕のヒーローアカデミア』など最新人気アニメや『ONE PIECE』『ナルト疾風伝』『ジョジョの奇妙な冒険』などの名作、さらに Crunchyroll オリジナル作品にいたるまで、トータル 1,000 タイトル以上を、TVの大画面や手元のディスプレイで楽しむことが可能。

海外 Nintendo Switch におけるアニメ配信という観点からは、『Funimation』がすでに対応しておりアプリ配信およびサービス提供中。加えてポケモンのコンテンツを楽しめる『Pokémon TV』も配信中。また総合的な動画配信サービスのなかでは Hulu が Nintendo Switch に対応しています。

任天堂・ポケモンはもちろんのことソフトメーカーも新作ソフトを開発し続ける Nintendo Switch ですが、今回アニメ配信大手『Crunchyroll』が対応(海外で)したことで、ノンゲームの分野もさらに強化された形となりました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。