Switch『マリオストライカーズ バトルリーグ』の開発元は大方の予想通りNext Level Games

マリオストライカーズ新作の開発元は……

先日の Nintendo Direct 2022.2.10 で発表された Nintendo Switch 向け「マリオストライカーズ」シリーズ最新作『マリオストライカーズ バトルリーグ』。

ラフプレーからアイテム攻撃、必殺技まで何でもありのファイティングサッカー、“ストライク”と名付けられた5対5で競う新スポーツが、2022年6月10日に開幕します。

発表時点では開発元についての情報は開示されていませんでしたが、大方の予想通り今作もカナダの Next Level Games が開発していることが明らかになりました。情報はオーストラリアのレーティング審査から。

Next Level Games の Nintendo Switch向けタイトルは『ルイージマンション3』に続いて2作目。2021年3月に任天堂の子会社となって以降、正式に任天堂傘下に加わってから初の新作タイトルです。

シリーズ第1作目の『スーパーマリオストライカーズ』は2005年にニンテンドーゲームキューブで発売。Next Level Games が初めて担当した任天堂タイトルでした。フットサルのように5人1チームで競うことや、何でもありのファイティングサッカーという形式はすでに確立。

その後2007年に Wii ソフトとして第2弾『マリオストライカーズ チャージド』が発売され、引き続き Next Level Games が開発を担当しています。

そこからシリーズは沈黙に入りますが、今回 15 年ぶりに復活。

Next Level Games 開発の「マリオストライカーズ」新作が Nintendo Switch に登場します。

『マリオストライカーズ バトルリーグ』は2022年6月10日発売。

share