KCJ GROUPと任天堂がキッザニアの『ゲーム会社』パビリオンを全面リニューアルへ、『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を活用


ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング (Game Builder Garage)

 

KCJ GROUPと任天堂は、「キッザニア東京」および「キッザニア甲子園」の『ゲーム会社』パビリオンを全面リニューアルし、2022 年春にオープン予定であると発表しました。

リニューアルする『ゲーム会社』パビリオンでは、ゲームを作る体験を通じて楽しみながらプログラミング的思考に触れることができる Nintendo Switch ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を活用したアクティビティが提供されます。

新しいパビリオンは『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を活用

KCJ GROUPと任天堂は Nintendo Switch ソフト『Nintendo Labo』を活用した『ゲーム会社』パビリオンを 2019 年、「キッザニア東京」および「キッザニア甲子園」にオープン。こどもたちはゲーム会社で働くゲームクリエイターとして、『Nintendo Labo』を活用しゲームを遊ぶための新しいコントローラー“Toy-Con”(トイコン)を開発します。仕組みについて学習したあとは自分で考えたオリジナルのコントローラーとプログラムを組み合わせ、テストプレイを行い、ゲームクリエイターとしての発想力やチャレンジすることの大切さを学びます。

リニューアルする新しいパビリオンでは、『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を活用したアクティビティが提供されます。具体的な内容はおって発表予定。

ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミングについて

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は2021年6月11日発売の Nintendo Switch ソフト。任天堂の開発室から生まれたプログラミングソフトで、ゲームの裏側にいる、それぞれ様々な特徴をもつ不思議な生き物「ノードン」をつなげてプログラミングを体験することができます。

丁寧なナビを通じてプログラミングを楽しめる「ナビつきレッスン」と、自由にゲームづくりを楽しめる「フリープログラミング」が収録。作成したゲームはインターネットやローカル通信を通じて共有することもできます。


この記事をシェアする