『Pokémon LEGENDS アルセウス』はオープンワールド構造ではない

どこに行くのも、自由。ではないようです。

2022 年 1 月 28 日に発売予定の Nintendo Switch 向け『ポケットモンスター』シリーズ最新作『Pokémon LEGENDS アルセウス』。やがて「シンオウ地方」と呼ばれることになる雄大な自然が広がる「ヒスイ地方」で、はじめてのポケモン図鑑をつくる主人公の冒険がはじまります。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』はアクションと RPG が融合したタイトルで、トレーラーなどで確認ができる広大なフィールドは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のようなオープンワールドを予感させます。空中を移動できる「ウォーグル(ヒスイのすがた)」のように、ポケモンに乗ってフィールドをかけめぐることも可能。

一方で、調査の拠点となる「コトブキムラ」や「ベースキャンプ」が登場するなど、どうやらオープンワールド的な遊び方ではないのかもしれないとの見方も浮上してきました。

オープンワールドか否か。海外メディアがポケモンカンパニーに直接、本作の構造に関して質問をぶつけたところ、公式な回答がありました。

どうやら『Pokémon LEGENDS アルセウス』は、いわゆるオープンワールド型のアクション RPG ではないようです。

ゲームの構造は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』よりも『モンスターハンター』との共通点が多くなりそうです。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』はオープンワールド構造ではない

“『Pokémon LEGENDS アルセウス』ではコトブキムラ(Jubilife Village)が調査の拠点として登場します。ミッションを受けとり調査の準備をしたら、プレイヤーは村から出発し、ヒスイ地方の様々なオープンエリアのひとつへと向かいます。また調査が完了したら、プレイヤーは次のタスクの準備をするために村へと戻る必要があります。”

ポケモン公式声明を読む限り『Pokémon LEGENDS アルセウス』はいわゆるオープンワールド的な遊び方ではなく、『モンスターハンター』に近い遊び方になると思われます。

拠点であるコトブキムラでミッションを受諾し準備を整え、目的地へ向かい、調査を完了したらまた拠点へと戻り、次のミッション・目的地へ。

ひとつひとつのエリアは、ヒスイ地方の自然を感じられる規模に?

『Pokémon LEGENDS アルセウス』はオープンワールドというわけではないようです。ですが地上だけでなく水中や空中まで行動できる「ポケモンライド」システムがあるように、ひとつひとつのエリアはある程度のサイズがあり、「ヒスイ地方」に広がる雄大な自然をに感じられる規模には十分なっていそうです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。