『Pokémon LEGENDS アルセウス』、アクション性を高めたゲーフリ担当のシリーズ最新作


 

株式会社ポケモンは2021年2月27日、『ポケットモンスター』シリーズの最新作『Pokémon LEGENDS アルセウス』を発表しました。Nintendo Switch 向けに2022年初頭発売予定。シンオウ地方で繰り広げられるもうひとつの物語を描く、アクション性を高めた意欲作。開発はゲームフリークが担当しています。

“これまでの『ポケットモンスター』シリーズの枠を超えた新たな体験をお届けしたいという想いから、「アクション」と「RPG」が融合したかつてない表現に挑戦しています” と公式も力を込めます。

https://youtu.be/TRmio2BUZ0A

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』だけでない、もうひとつのシンオウ地方の物語。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』の冒険の舞台は、ポケモントレーナーやポケモンリーグといった概念がまだない、遥か昔の「シンオウ地方」(といっても街にガス灯など確認でき、そこまで遠い昔ではなさそうですけれど)。

ポケモンたちは広大な自然、過酷な環境の下でありのままに過ごしており、ダイパ時代のシンオウ地方とは異なる生態系が広がっています。主人公はこの地ではじめてのポケモン図鑑をつくることを目指し、村を拠点に、様々なエリアへポケモンたちの調査に出かけることとなります。

アクション × RPG

これまでの本編にはなかった様々なアクション要素が『Pokémon LEGENDS アルセウス』の特徴。

野生のポケモンをつかまえるときにはこの時代もモンスターボールを使うことになりますが、草陰から狙いを定めて投げる。あるいは素早く近づいてボールを投げるといったこれまでにない自由度の高いアクションを楽しむことができます。

もちろん従来どおり、野生のポケモンたちとのポケモンバトルも用意。手持ちのポケモンが入ったモンスターボールを野生のポケモンの近くに投げると、その場でそのままポケモンバトルがスタート。広大な自然の中で臨場感あるバトルを体験することができます。

パートナーとなる御三家は「アローラ」地方からやってきたモクロー、「ジョウト」地方からやってきたヒノアラシ、「イッシュ」地方からやってきたミジュマルの3匹。

  • ゲームフリークが開発を担当する『ポケットモンスター』最新作
  • はるか昔のシンオウ地方が舞台
  • アクションとRPGが融合した、シリーズの枠を越えた新たな挑戦

share