『Dead by Daylight』Nintendo Switch版の特徴、遊ぶ前に知っておきたいこと

2019年9月26日、Nintendo Switch版『Dead by Daylight 公式日本版』(デッド バイ デイライト)がリリースされました。オンライン環境を用意できれば、いつでもどこでも好きな場所で『DbD』を遊ぶことが可能です。

Dead by Daylight について

『Dead by Daylight』は、キラーと呼ばれる殺人鬼(1人)と、残虐な殺人鬼から逃げ、謎の「殺戮場」からの脱出を試みる生存者(サバイバー、最大4人)とに分かれて遊ぶ、“非対称型”のマルチプレイ・ホラー・アクションゲームです。ホラーな世界観で、壮絶な鬼ごっこを繰り広げます。

Nintendo Switch版 収録内容

Nintendo Switch版には、6つのオリジナルチャプターと2つのコスチュームパック、Switch限定スキン“トラッパー”が収録されています。各オリジナルチャプターには、キラー1体、サバイバー1体、1つのマップが含まれます。

オリジナルチャプター

  • The Last Breath
  • 暗闇のララバイ (無料DLC)
  • Of Flesh and Mud
  • Spark of Madness
  • The Curtain Call
  • 断絶した血脈

コスチュームパック

  • The 80’ suitcase
  • イカした頭

Switch限定スキン“トラッパー”

Nintendo Switch版には人気の殺人鬼「トラッパー」の限定スキンが収録。限定スキンは赤と黒のバイカラーのマスクと、「X」のペイントが施されたサロペットが特徴のスキンです。

Nintendo Switch版のパフォーマンス

Nintendo Switch版『DbD』はTVモードはもちろん、テーブルモードや携帯モードに対応しており、初の携帯型ゲーム機対応と行った良いバージョンです。しかしSwitchはPCやPS4などと比べてスペックが見劣りする分、グラフィック面は厳しいものとなっています。とはいえ、そこまでグラフィックの良し悪しがゲーム性に影響するわけではないですけれど。

フレームレートは上限30fpsをターゲットに、通常は25fps程度となっています。慣れるまではカクついて感じることが多いでしょう。

高スペックな他機種版と比べてSwitch版が見劣りするのは仕方のない部分で、携帯機のように遊ぶことが多いのであればSwitch版のメリットを感じることができると思います。対応他機種を持っていて、テレビやモニターで遊ぶことが中心であればそちらを選ぶのが良いでしょうね。『DbD』に限った話ではないですけれど。

クロスプラットフォーム・クロスプレイについて

『Dead by Daylight』はPCやPlayStation 4、Xbox Oneでも発売されていますが、Nintendo Switch版で他プラットフォームのセーブデータを共有したり、他機種のプレイヤーと一緒に遊んだりできるでしょうか?

残念ながら他プラットフォームのセーブデータを共有することはできず、他プラットフォームのプレイヤーと一緒に遊ぶことはできません。Nintendo Switch版は専用のサーバーが用意され、他のSwitchプレイヤーとのみマッチングします。

Nintendo Switch Onlineへの加入は必要?

Nintendo Switchソフトのオンラインモードを遊ぶには、『Fortnite』などの基本プレイ無料ソフトを除いて、基本的にNintendo Switch Online (有料) への加入が必要となります。『Dead by Daylight』Nintendo Switch版でオンラインプレイをするのにも、Nintendo Switch Online (有料) への加入が必要です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible