任天堂、「Nintendo Switch(有機ELモデル)」で利益率アップとのブルームバーグ報道を否定

任天堂は2021年7月19日、10月発売予定の「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は“従来型「Nintendo Switch」よりも収益性が高まる”といった趣旨の報道がブルームバーグからなされた件について、“事実ではない”と公式に否定しました。

国内外問わず、任天堂はメディアが発信する情報に対してあまり反応せず、取材されたとしてもコメントを控えたり、「噂や憶測にはコメントしない」と返答するのみ。ただ最近は、慣れたゲームファンから見れば数ある噂のひとつでも、株価が大きく反応するような報道が少なくありません。

投資家への影響が小さくないと考えてか、珍しく“これは事実ではございません。”と、今回は明確に報道を否定しました。

ツイートの書き出しも、「投資家のみなさまや、お客さまに正しくご理解いただくためにお伝えします」

ブルームバーグ報道を否定

ブルームバーグは7月15日に「任天堂の新型スイッチ、部品コスト増加は1100円程度-市場の評価二分」(記者:望月崇、古川有希)と報道。有機ELモデルにともなう追加部品コストは従来型と比べ微増にとどまることから、ゲーム機単体の利益率は値上げにより高まるとみられるとしています。またこの記事はガジェットメディア等を通じてさらに拡散。

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は37,980円(税込)。32,978円(税込)で販売されている従来型「Nintendo Switch」との差は 5,002 円。

ディスプレイが有機ELパネルになったほか、本体保存メモリーが従来の2倍の「64GB」に。テーブルモード時に使うスタンドがフリーストップ式になったり、本体スピーカーが強化されたり、付属のドックに有線LAN端子が備わるなどしています。

部品の原価だけで販売価格が決定するわけではないのですけれど。

さらなる新型は現時点で予定にない

また続けて、有機ELモデル以外の新たなモデルに関して、現在計画していないと否定しています。こちらも一部メディアが報じ続けている真の新型 Nintendo Switch、Nintendo Switch Pro あるいは New Nintendo Switch などと呼ばれるモデルの報道に釘を刺した格好です。

上位モデルの噂は 2018 年頃から海外メディアが噂として報じたり、一部記者が発信し続けているもの。最近では新型でより高性能なチップが積まれ、 4K 画質表示が可能になったり、Nvidia の DLSS 技術に対応し、見かけ高画質化が実現するなどと報じられました。

任天堂は次世代ゲーム機も含め常に新たな技術などの研究を行っており、もしかしたらその中で Nintendo Switch(性能強化モデル)をテストしていることもあるかもしれません。ただ公式にその存在をほのめかしたり、発表したことはありません。

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」に関しても、「従来型 Nintendo Switch から新しいCPUを搭載したり、RAMを増やしたりすることはない」と述べ、性能向上版ではないことを明らかにしています。

週明けの東京株式市場、任天堂の株価は下落。終値は 1.94% 安(-1,210円)の 61,290 円でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。