【スマブラSP】追加ファイターDLCは次の11体目が完全に最後、再延長はない


 

ついに『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の全コンテンツが完成へ。

Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に、『鉄拳』シリーズから「三島一八」が追加ファイターとして参戦。その「カズヤのつかいかた」映像が公開されました。

配信開始は2021年6月30日。

『スマブラSP』に参戦するファイターのなかでもトップクラスの豊富なワザを駆使する「カズヤ」が、10体目の有料追加ファイターとして使用可能に。「ファイターパス Vol.2」に収録され、配信開始日以降、ファイター+ステージ+楽曲が『スマブラSP』内に登場します(※単体購入も可能です)。

追加ファイターは当初、第1弾「ファイターパス」の5体で完結するはずでした。ところが第5弾「ベレト/ベレス」の発表とともに新ファイターの開発継続が発表。「ファイターパス Vol.2」として開発が進められ、さらに6体(6〜11体目)が追加されます。

その「ファイターパス Vol.2」も10体目「カズヤ」の配信により、残り1体になりました。もしかして「ファイターパス Vol.3」に続くの?ディレクターの桜井政博氏によると再延長はなし。次の 11 体目が本当の本当に、『スマブラSP』最後の追加ファイターとなります。配信開始は予定通り 2021 年内。

2018年12月7日の発売開始から 3 年、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が完成します。

「(『スマブラSP』では)今までいろんなファイターやステージを作ってきました。新旧そろったさまざまなゲームを一つの作品に落とし込むのは、個人的にはやりがいのある課題でした。

思えば『スマブラfor』の開発開始から数えて連続10年近くとなり、だいぶ長い付き合いです。ライフワークと言うのですかね。

しかし、 いよいよ次回がラストです。延長もありません。 披露するまでお時間いただきますが、約束通り今年中には発売しますのでお待ち下さい。チームは最後までテレワークで終えることになりそうです。まずはそれまで “三島一八” を楽しんでいただければと思います。それでは」

ついに完成を迎える『スマブラSP』。ラストを飾るファイターはどのシリーズから誰が選ばれることになるでしょうか。


この記事をシェアする

Next

Previous