『スーパーモンキーボール』シリーズが商標登録出願、『たべごろ!』に続いてWii版が海外で

久しぶりに『スーパーモンキーボール』シリーズが帰ってくる?

5月に日本で商標出願が確認された(出願は4月)、これまで製品化されていない『たべごろ!スーパーモンキーボール』に続いて、セガがアメリカで『SUPER MONKEY BALL BANANA BLITZ』を出願していたことが明らかになりました。

『SUPER MONKEY BALL BANANA BLITZ』は、Wiiで発売された『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』の海外タイトル。Wiiのローンチタイトルの1つでした。

『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』が海外で商標出願

Wiiのローンチタイトルの1つだった『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』が、海外で商標出願されていたことが明らかになりました。出願情報が5月21日に公開されたことから判明。区分は家庭用ゲームやモバイルゲーム、ゲームプログラムなどが含まれる第9類。

『スーパーモンキーボール』は、サルのキャラクターが入ったボールを、スティックやモーション操作でバランスを取りながら転がし、コース外へ転落しないようゴールへ誘導するアクションゲーム。

シリーズはアーケードからスタートし、その後は家庭用ゲーム機へ進出。ニンテンドーゲームキューブやゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、Wii、ニンテンドー3DSなど任天堂プラットフォームを中心に展開されました。

ルールもわかりやすく、簡単操作でワイワイ楽しめるゲームでしたが、家庭用ゲーム機向けは2012年にPS Vitaで発売された『スーパーモンキーボール 特盛あそビ〜タ!』、モバイルでは2014年の『Super Monkey Ball Bounce』を最後に新作の発売がなくシリーズは休止状態となっています。

商標出願は必ずしも新作を意味するものではありませんが、『たべごろ!』に続いて『ウキウキパーティー大集合』と近い時期に相次いでシリーズの商標出願が確認。モンキーボールの復帰を期待したいところです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。