【ロックマン35周年】新作ある?カプコンは2022年に向けライセンスパートナーを募集中


 

2022 年、『ロックマン』シリーズは 35 周年を迎えます。30 周年のときには無印シリーズ最新作の『ロックマン11』が開発(2018年10月に発売され累計130万本を販売)されるなど、カプコンはシリーズが健在であることを強調していました。

35 周年を迎える 2022 年も何かしらの企画で祝福したい考えのようです。

カプコンのライセンスビジネスサイトには、

“2022年ロックマンシリーズ 35周年! 記念商品や記念イベント企画など募集中!”

であると掲載されています。

カプコン公式での企画はもちろんのこと、パートナーと組んでシリーズ累計 3,600 万本を販売してきた『ロックマン』シリーズの 35 周年を祝福したい考えがあるように見えます。

ちなみにこの募集は『ロックマンX』25周年や『ロックマンエグゼ』20周年のときにも行われたそうです。

2021年で20周年の『ロックマンエグゼ』については新型コロナの影響もあり今のところ動きがありませんが、『ロックマンX』では最終的に、シリーズをまとめた『ロックマンX アニバーサリーコレクション 1&2』が発売されるなどしました。

30周年のタイミングで久しぶりに無印ナンバリング作品が動き出した『ロックマン』シリーズ。35周年は何が待っているでしょうか。

関連キーワード

share