ハル研スタッフ、アクションじゃない『星のカービィ』スピンオフも開発したいと語る

2020年2月21日で設立40周年を迎えたハル研究所(ハル研)。彼らの代表作である『星のカービィ』シリーズも歴史を重ね、2020年で28周年を迎えました。

最近はゲーム以外にも活躍の場を広げ、2019年末には常設店舗「カービィカフェ」がオープン。関連グッズを見ても、ぬいぐるみやフィギュア、音楽といった定番ものに加え、食品にアパレル、雑貨、コスメに指輪など幅広く展開。

本業であるゲームの方でも、Nintendo Switch で『星のカービィ スターアライズ』と、基本プレイ無料の『スーパーカービィハンターズ』の2作がリリースされていますが、今後のカービィシリーズはどのように進化・発展していくのでしょうか。

週刊ファミ通 【2020年4月30日号】にて、ハル研40周年の特集が組まれています。その中にハル研のカービィ開発チームメインスタッフ3名(リードアクションプログラマー:住友克禎氏、ゼネラルディレクター:熊崎信也氏、デザインディレクター:ファーマン力氏)のショートインタビューが掲載。カービィを作る上でのこだわりと魅力について語っています。

週刊ファミ通 2020年4月30日号 [雑誌]
著者: 週刊ファミ通編集部(著)
出版社: KADOKAWA Game Linkage

インタビューの最後の質問は、シリーズの今後の展望について。

DLCでコンテンツが拡張され、歴代キャラクターも惜しみなく登場した『星のカービィ スターアライズ』はハル研究所の集大成と言える内容となりました。

熊崎氏はそのことで次へのハードルも高くなってしまったとした上で、“そのハードルをどう超えていくのかという、新たなチャレンジに挑みたい。つねに前作を超える内容を目指したい”とコメント。住友氏は“次回もまたカービィの最高峰と呼ばれるようなものを目指したい。『星のカービィ』シリーズはまだまだ絶対に面白くなると確信している”とコメント。

『星のカービィWii』の製作中に入社したというファーマン氏は“スピンオフでアクションじゃない星のカービィも作ってみたい。今後もいろいろなカービィをお届けしていきます”と述べ、アクションシリーズにとどまらないカービィ作品の開発に意欲を見せました。

カービィシリーズは、丸いカービィの姿や特徴、そして世界観を生かしたスピンオフも制作されてきました。『カービィのピンボール』やゴルフとビリヤードの要素を組み合わせた『カービィボウル』、落ち物パズルゲームの『カービィのきらきらきっず』、アクションレースゲームの『カービィのエアライド』など。

30周年へ向けて、あるいはその先で、カービィが遠ざかっているジャンル・タイトルへの再訪であったり、新たなジャンルへのチャレンジを見ることができるでしょうか。

Amazon.co.jpで 星のカービィ グッズをチェック

楽天市場で 星のカービィ グッズをチェック

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。