家庭用ゲーム機向けの『ポケットモンスター』シリーズや、モバイルゲームアプリ『Pokémon GO』で集めたポケモンを預けたり、世界中の人たちと交換できる新しいポケモンのサービス『Pokémon HOME』(ポケモンホーム、ポケモンHOME)が、いよいよ2020年2月12日よりサービス開始。

利用してみたいけれど『Pokémon HOME』のサービス内容や料金、対応ソフト、連携ソフトなどはどうなっているのか。気になる内容をまとめています。

『Pokémon HOME』とは

『Pokémon HOME』(ポケモンHOME、ポケモン ホーム)は、“すべてのポケモンが集まる場所” をコンセプトに、Nintendo Switch やスマートフォンを対象としたクラウドサービスです。

連携するソフトやサービスを通じてポケットモンスター』シリーズや『Pokémon GO』で仲間にしたポケモンたちを預けることができ、一部のソフトへは『Pokémon HOME』からポケモンを送ることもできます。

また世界中の人とポケモンの交換を楽しむ機能も備わっています。

サービス内容・料金

『Pokémon HOME』には、フリープラン(無料)と、一部の機能の追加・拡張が行われ、提供されるすべての機能を利用できるプレミアムプラン(有料)の2種類のプランが用意されています。

無料版と有料版との違い

それぞれのプランで利用できるサービスは次の通りです。

機能フリー
(無料)
プレミアム
(有料)
預けられるポケモンの上限30匹6,000匹
『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンの引っ越し
一度にミラクルボックスへ出せるポケモンの数3匹10匹
一度にGTSへ出せるポケモンの数1匹3匹
グループ交換参加のみ開催・参加
ジャッジ機能
※ポケモンの能力確認

『ポケモンバンク』から『ポケモンHOME』へポケモンを移動させるには、プレミアムプランの加入が “必須” となります。

サービス開始から1か月の間、『ポケモンバンク』『ポケムーバー』を無料で利用できるキャンペーンが実施されます。3DSから無料でポケモンを引っ越しさせられる移行期間が用意されます。

プレミアムプランの料金

プレミアムプランは1か月370円から。1年プランだと1,960円で利用可能です。1年500円で3,000匹のポケモンを預けることができた『ポケモンバンク』と比べるとかなり値上げとなっていますが、その分機能は充実しています。

  • 1か月(30日) = 370円
  • 3か月(90日) = 610円
  • 12か月(365日) = 1,960円

※いずれも税込

支払い方法・決済方法について

『ポケモンHOME』はNintendo Switch版とスマホ版とが配信されており、それぞれで有料登録することができます(どちらか一方で有料登録をして、ニンテンドーアカウント連携をすれば、どちらか一方だけ加入でOKです)。

スマートフォン版の場合

スマートフォン版『ポケモンHOME』を利用している場合、アプリ内のメニューから加入手続きをすすめることができます。このときの支払いは、App Store / Google Play に登録した決済手段になります。

「画面下の三本線をタップ」してメニュー画面を開く>「設定」を選択。

現在利用しているプランなどが表示されるので、「プラン確認」をタップ。

プレミアムプラン一覧が表示されるので、好みのプランを選択。

○○か月プランを購入します。と購入確認画面が表示されるので「OK」をタップ。

承認画面が表示されるので購入します。

  • 加入方法 : アプリ内設定画面から
  • 決済手段 : App Store / Google Play に設定した決済手段(クレジットカードやキャリア決済など)
Nintendo Switch 版の場合

Nintendo Switch 版『ポケモンHOME』を利用している場合、Switch版『ポケモンHOME』内から加入手続きをすすめることができます。このときの支払いは、ニンテンドーeショップで設定した決済手段となります。

Switch版アプリを起動してメニューにある「ニンテンドーeショップ」を選択し、購入したいプランを選ぶ。

ニンテンドーeショップが開くので、利用するプランの期間を確認して「購入にすすむ」を選択。

eショップ残高、クレジットカード、PayPalで購入できます。

  • 加入方法 : Switch 版アプリ内から
  • 決済手段 : ニンテンドーeショップで設定した決済手段(eショップ残高やクレジットカード、PayPal)

スマホとスイッチ、どちらからでも有料登録できますが、スイッチ版から有料登録する場合は、スイッチの他のデジタルコンテンツと同じように、ニンテンドープリペイドカード/プリペイド番号でチャージした残高を使って支払いをすることができます。

またスイッチ版でプレミアムプランに加入すると、Nintendo Switch Onlineも含め、自動継続購入に登録されているサービスをニンテンドーアカウントからまとめて確認することができ便利です。

プレミアムプラン加入時の注意点

プレミアムプランはスマートフォン版/Nintendo Switch版どちらで加入した場合も基本的に自動継続購入となっています。購入している期間分の有効期限が近づくと、同じ期間のプレミアムプランが自動継続購入されます。

更新したくない場合はアカウント情報から自動継続購入の停止、キャンセルをするようにしましょう。

スマートフォン版からプレミアムプランに加入した場合は、スマートフォンから自動継続購入の停止手続きが必要です。Nintendo Switch版からプレミアムプランに加入した場合は、Nintendo Switchから自動継続購入の停止手続きが必要です。

なお自動購入を停止したあとも、すでに購入している有効期限まではプレミアムプランのサービスを利用できます。

対応するソフト・サービス

『ポケモンHOME』に対応するソフト・サービスは『ポケモンバンク』と『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』『ポケットモンスター ソード・シールド』の3つ。『ポケモン剣盾』の拡張コンテンツ『鎧の孤島 / 冠の雪原』や『ポケモンGO』には今後対応予定とされています。

このうちポケモンを預ける・引き出す機能を両方利用できるのは『ポケットモンスター ソード・シールド』(DLC含む)のみ。他のソフトやサービスはポケモンを送り出すことにしか対応していません。

ポケモンHOMEへポケモンを送り出す

  • ポケモンバンク(ニンテンドー3DSで発売された『ポケモン』など過去のポケモンを連れてくる)
  • ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
  • ポケモンGO(今後連携予定)

ポケモンHOMEへポケモンを預ける・引き出す

  • ポケットモンスター ソード・シールド(DLCに登場するポケモンは今後対応予定)

Nintendo Switch 版とスマートフォン版の違い

『ポケモンHOME』はNintendo Switchだけでなくスマートフォンでも利用することができます。同一のニンテンドーアカウントを連携させることでスイッチでもスマホでも同じ内容を共有でき、複数の有料プランに入る必要はありません。

 Nintendo Switch版スマートフォン版
『ピカブイ』『剣盾』との連携
『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』への引っ越し
『Pokémon HOME』でのポケモン交換
「ふしぎなおくりもの」の受け取り
バトルデータの確認
お知らせの確認
「Pokémon HOMEポイント」のBP(バトルポイント)への
変換

【Switch版】Pokémon HOMEポイント

Nintendo Switch版では、ポケモンボックスに預けているポケモンの数に応じて「Pokémon HOMEポイント」が貯まります。貯まったポイントは、『ポケットモンスター』シリーズで使用できるBP(バトルポイント)と引き換えることが可能です。

【スマホ版】交換

スマートフォン版で利用できるポケモン交換の機能は4種類。フレンドとなっているユーザーとポケモン交換を行う「フレンド交換」に加え、世界中の人とランダムにポケモン交換を楽しむことができる「ミラクルボックス」や交換に出すポケモンと欲しいポケモンを設定すると、条件に合う相手を探してポケモン交換をすることができる「GTS」、最大20人のグループを作って集まった人たちで一同にランダムのポケモン交換を行える「グループ交換」を楽しむことができます。

【スマホ版】ふしぎなおくりもの

スマートフォン版ではまた、「ふしぎなおくりもの」を受け取ることが可能。対応するシリアルコードや2次元コードを入力したり読み込んだりすることで「ふしぎなおくりもの」を受け取ることができます。イベントや店舗でプレゼントされる『ポケモン ソード・シールド』を対象としたおくりものを、『Pokémon HOME』で代わりに受け取って記録しておくといった使いかたもできます。

サービスで気になること

有料プランを解約したら31匹目以降のポケモンは消える?

無料プランで預けられるポケモンの上限は、ボックス1個分の30匹。これに対して有料プランは、最大で6,000匹を預けることができるようになります。有料プランの有効期限が切れたら、無料分からあぶれたポケモン(31匹目以降)はどうなるのでしょうか。

まず利用期間が終了しても、ただちにポケモンが消えるわけではないのでご安心を。一定期間は『ポケモンHOME』にも残っています。

フリープラン利用時でも31匹目以降のポケモンは、預けている数のみ確認することができます。ただし31匹目以降のポケモンは引き出すことなどができなくなるなどの制限はかかります。

31匹目以降のポケモンは再度プレミアムプランに加入すると引き出すことができるようになります。

一定期間はどのくらいの期間を指すのかは今のところ未定。『ポケモンバンク』のケースだと1年後でも残っていたそうですが、預けたポケモンを確実に引き出したい場合、あまり期間は空けないほうがいいかもしれません。

スマホを機種変更した後も新しい端末でそのまま利用できる?

旧端末側で『ポケモンHOME』とニンテンドーアカウントとを連携をしておくことで、新しい端末でもそのまま『ポケモンHOME』を利用することができます。このあたりはニンテンドーアカウントを使う他の任天堂のモバイルアプリと同じですね。

  1. 旧端末側で『ポケモンHOME』をニンテンドーアカウントと連携する
  2. 新しい端末で『ポケモンHOME』をダウンロードし、アプリの初回起動時に旧端末で連携したニンテンドーアカウントを入力する
  3. 以前利用していた『ポケモンHOME』を引き継いで利用可能

※旧端末側で『ポケモンHOME』をニンテンドーアカウントと連携せずに利用していた場合は、、新しい端末側に引き継ぐことはできません。ご注意ください。

手元に3DSがなくても『ポケモンバンク』内のポケモンを引っ越しできる?

ニンテンドー3DS本体がすでに手元になかったとしても、『ポケモンバンク』を利用していたニンテンドーネットワークIDがあれば『ポケモンバンク』に残っているポケモンを『ポケモンHOME』へ引っ越しさせることは可能です。

『ポケモンHOME』で利用する・しているニンテンドーアカウントと、当時『ポケモンバンク』を利用していたニンテンドーネットワークIDを連携させることで、『ポケモンバンク』内のポケモンを一括で引っ越しさせることが可能です。

※ニンテンドーネットワークIDは、Wii U/3DSのネットワークサービス「ニンテンドーネットワーク」を利用するときに必要となるIDです。ニンテンドーアカウントとは別のIDです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited

電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、2か月199円(プライム会員限定)または再登録で3か月299円。通常の9割オフで10万冊以上が読み放題。

Kindle Unlimited プライム会員限定2か月199円 / 再登録3か月299円

Echo Dot 2台まとめ買いで5,980円オフ(2/28まで)

音声アシスタント Alexa 搭載スマートスピーカー「Echo Dot」が2台買うと1台無料になるキャンペーン(Echo Dot with Clockは対象外)。2月28日まで実施中です。

2台以上注文時、注文内容の確認画面で5,980円割引となります。

Echo Dot - コンパクトスマートスピーカー

Amazon Music Unlimited 新規登録で最大700ポイント(3/5まで)

6,500万曲以上が聴き放題の定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」に加入すると、最大で700ポイントがもらえる。

新規登録で500ポイント、30日無料体験以降も継続するとさらに200ポイントがプレゼント

【プライム会員限定】Amazon Music Unlimited 新規登録で最大700ポイントプレゼント 3/5まで