【比較】『Metro Redux (メトロ リダックス ダブルパック)』Nintendo Switch版の特徴や他機種版との違い

4A Games タイトルが初めて任天堂プラットフォームに対応。

マルタやウクライナのキエフに開発拠点を置くデベロッパー 4A Games の『Metro Redux』(メトロ リダックス)が、Nintendo Switch に対応しました。

『Metro Redux』は、これまでに3作発売されている、ストーリー主導型のFPS『メトロ』シリーズの第1作目『Metro 2033』と第2作目『Metro: Last Light』を現行機種向けに高画質化するなどリマスターした上で、1本にまとめた作品です。

核戦争後のモスクワを舞台にしたドミトリー・グルホフスキーの小説『Metro 2033』が原案となっている、重厚な物語も特徴の1つ。

生き残った人類は地上を失い、地下鉄(メトロ)のトンネル内での生活を余儀なくされています。一方の地上は、核戦争の影響により変異した生物ミュータントが徘徊。20年後はさらに危険な場所となっていました。地下で育った主人公の青年アルチョムは、人類の脅威となっているダークワンと呼ばれる新種のミュータントからメトロを守るために旅に出ます。

仕様比較

各機種の仕様比較は次の通りです。

 SwitchPS4Xbox One
メトロ リダックス ダブルパック -Switch 【CEROレーティング「Z」】メトロ リダックス - PS4メトロ リダックス - XboxOne
解像度TVモード : 最大1080p
携帯モード : 720p
PS4 : 1080p
PS4 Pro : 1440p
Xbox One : 912p
Xbox One X : 4K
フレームレート30fpsPS4 : 60fps
PS4 Pro : 30fps
Xbox One : 60fps
Xbox One X : 30fps

『Metro Redux』に収録される『Metro 2033』と『Metro Last Light』のオリジナル版(PS3/Xbox 360)は解像度が720p、フレームレートは30fpsでした。『Metro Redux』として発売されたPS4およびXbox Oneになると、PS4が1080p、Xbox Oneでは912pとなり、60fpsで動作。

Nintendo Switch版はTVモード時は最大1080pの動的解像度で、携帯モード時は720pで動作します。またフレームレートは30fpsです。

比較映像

パフォーマンス上はオリジナル版に近い Nintendo Switch 版ですが、その中身は PS4 / Xbox One 版に近く『Metro Redux』体験と言えるものになっています。

Digital Foundry によると、Switch 版はPS4/Xbox One版と比べ解像度やフレームレートなど妥協点はあるものの、『Metro Redux』で改善されたテクスチャやモデル、新しいライティングやマテリアル、ディテールに至るまで多くの修正・改善が施されています。

またNintendo Switchソフトではあまり多くない5.1chサラウンドに対応。プレイヤーの環境が許せば臨場感ある音も楽しむことができます。

主な特徴

いつでも、どこでも『Metro Redux』をプレイ

『Metro Redux』は小説を原案とした、シングルプレイ専用FPSのダブルパック。いつでも持ち歩いて、魅了的なストーリー展開とスリルに満ちた主人公の旅を体験することができます。携帯モードに対応しているので、テレビの前だけに縛られないことがNintendo Switch版の最大の特徴と言えます。

2つのゲーム、全DLC収録

『Metro Redux』には、『Metro 2033』と続編の『Metro Last Light』の2つのストーリーを楽しめるゲーム本編が収録されています。それに加えて、これまでにリリースされたすべての追加コンテンツも含まれています。ボーナスコンテンツのプレイ時間は約10時間相当。『Metro』の世界をさらに深く体験することができます。

2つのプレイスタイル、上級者向けプレイモード

プレイスタイル1 : スパルタン

豊富な弾薬で敵の全滅を目指す、シューターアクション性の高いスタイル。

プレイスタイル2 : サバイバル

サバイバルホラーのような過酷な世界で生き残る事を目的に楽しめるスタイル。

レンジャーモード

HUDの表示がなく、弾薬など物資の制限がある、上級者向けモード。

share

Amazon セール・キャンペーン

プライムデー(10/13・14)

年に一度のビッグセール、プライムデーが今年は10月13・14日の2日間にわたって開催。タイムセールで目玉商品が続々登場するのはもちろんのこと、最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンや日本の中小企業応援企画、スタンプを集めて最大20,000ポイントが抽選で当たるプライムデースタンプラリーなども実施されます。

いくつかのキャンペーンは、プライムデーに先行してスタート。

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

プライムデーに先駆けて、「Amazonブランド・限定ブランド 先行セール」がはじまっています。家電、日用品、ファッション小物ほか対象商品が20%オフなど。プライムデー開催期間中は最大30%オフに。

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員ならプライムデーキャンペーンで最大3%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】プライム会員なら初回登録時、最初の3か月を99円(約97%OFF)で利用できます。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】今なら新規会員登録で初回4か月間が99円。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック