任天堂・宮本茂氏が19年の文化功労者に選出

2019年(令和元年)の文化功労者・文化勲章受章者が発表され、任天堂の代表取締役・フェローを務める宮本茂氏が文化功労者の1人として選出されました。文化勲章にはノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏や野村萬氏ら6名が選出されています。

メディア芸術(ゲーム)分野の顕彰は今回が初めて。文部科学省によると、この他、文化勲章では数理工学と写真の2分野、文化功労者では照明デザインや、コンピュータビジョン・ロボット工学、障害者スポーツ振興など、メディア芸術(ゲーム)を含めて12分野が初の受章・顕彰となるということです。

2017年の文化芸術基本法の施行を受けて、新たな選考分野が加わった影響もあるとのこと。

『ドンキーコング』や『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』をはじめ、『スターフォックス』『ピクミン』など任天堂で数多くの世界に知られる人気キャラクター、シリーズを生み出してきた宮本氏。花札屋だった任天堂を世界のNintendoへと成長させた功労者の1人です。

宮本氏はフランスの芸術文化勲章(シュバリエ)やスペインの アストゥリアス皇太子賞など、海外でより高く評価されてきた印象でしたが、国内でも文化功労者に選出されました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。