Nintendo Switch『スーパーマリオメーカー2』の新要素の1つとして「マルチプレイ」があります。

前作では作るのも遊ぶのも1人プレイ専用でしたが、今回は作るのは2人まで、遊ぶのは最大4人まで参加してわいわい楽しむことができます。オンラインで遠くの誰かと、オフラインで家族や友達などと一緒に遊べます。

オンラインマルチプレイ

『スーパーマリオメーカー2』では、インターネットに接続して作成したコースを投稿したり、投稿されたコースを遊んだりするのに加えて、他プレイヤーと一緒にコースをプレイことができるようになりました。オンラインマルチプレイでは最大4人まで一緒に遊ぶことができます。

オンラインマルチプレイで一緒に遊ぶプレイヤーはランダムで決定し、フレンドと一緒に遊ぶことはできません。ロビーを作り、フレンド同士で集まってオンラインで遊ぶといったことも、少なくとも発売時点のバージョンでは出来ないことが確認されています。

『スーパーマリオメーカー2』のオンラインマルチプレイにはバトルレートというオンラインランキングのシステムがあり、フレンドとオンラインで一緒に遊べると、わざと手を抜いたり不正が容易にできてしまうからではないか?と考えられています。

フレンドと遊ぶときはレート変動しなくするなどやりようは考えられますし、理由としては弱く、アップデートで将来的に実装されることを待ちたいところです。『1』では発売後も継続的なアップデートが実施されました。

最大4人プレイ対応
フレンドとプレイ不可
※Nintendo Switch Online 加入が必要。

[追記] ファンの声が届いたのか、任天堂は発売後のアップデートで、フレンドとのマッチング機能を追加する予定だと発表しました。

ローカルマルチプレイ

1画面で4人マルチプレイ、ローカル通信で4人マルチプレイ

『スーパーマリオメーカー2』はまた、TVモードやテーブルモードで1画面の4人プレイや、携帯モードでの最大4人のローカルマルチプレイにも対応しています。TVモード、テーブルモードでの4人プレイは人数分のJoy-Conが必要です(横持ち対応なのでJoy-Conが2セットあればOK)。

携帯モードでのローカル通信マルチプレイは、人数分のNintendo Switch本体と人数分のソフト、そして誰か1人インターネットにつないでオンライン状態にしておく必要があります。

最大4人プレイ対応
フレンドとプレイ可能
※Nintendo Switch Online 加入が必要。

コース作成

またコースづくりも2人で行うことができます。

対応コントローラー

『スーパーマリオメーカー2』は最大4人プレイに対応しており、3人以上で遊ぶ場合は人数分のコントローラーが必要になります。対応しているコントローラー、持ち方は次のとおりです。Joy-Con横持ちに対応しているので、Joy-Con (L)/(R)が2セットあれば4人で遊ぶことができます。

  • Joy-Con 2本持ち
  • Joy-Con グリップ
  • Joy-Con横持ち(1本)
  • Nintendo Switch Pro コントローラー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で