【Nintendo Switch】ローカル通信プレイとは、本体を持ち寄ってつながるマルチプレイ

任天堂が2017年3月に発売した「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」は、テレビにつなぐ据置型ゲーム機でありながら、携帯型ゲーム機のように持ち出して遊ぶこともできるハイブリッドコンソールです。

対応ソフトであれば、すぐにその場でマルチプレイを遊ぶことも可能。またオンラインプレイやローカル通信プレイも楽しむことができます。

このページでは、Nintendo Switchのローカル通信プレイについて紹介しています。

Nintendo Switch ローカル通信プレイとは

Nintendo Switch のローカル通信プレイとは、近くにある Nintendo Switch 本体同士で通信を行い、複数人で一緒に遊ぶマルチプレイのことを指しています。ニンテンドー3DSやDSを持ち寄って遊ぶ、携帯機感覚のマルチプレイですね。

Switch ではオンラインプレイに関して Nintendo Switch Online 加入が必要となり、大半のソフトはオンラインプレイが有料化されています。

しかしローカル通信で遊ぶときはインターネット接続環境を必要としないため、通信料金はかかりません。

ローカル通信プレイを遊ぶのに必要なもの

Nintendo Switchのローカル通信プレイを遊ぶには何が必要となるでしょうか。

必要なものは次の通り。

  • Nintendo Switch 本体 × 遊ぶ人数分
  • 対応ソフトウェア × 遊ぶ人数分

ソフトによっては1台のSwitch本体から複数人で参加できる場合もありますが、基本的には遊ぶ人数の本体とソフトが必要となります。

こうして環境が揃えばインターネット接続ができない場所でも、携帯型ゲーム機のように、気軽に対戦プレイや協力プレイといったマルチプレイを楽しめます。

何台まで本体を接続して遊べる?

ローカル通信のマルチプレイは、最大8台までSwitch本体を接続して参加が可能。

たとえば『スプラトゥーン2』では、8人集まって4対4のチーム戦でバトルを楽しむことができます。

『スプラトゥーン2』でローカル通信プレイを遊ぶ時は、ゲーム内施設の「イカッチャ」から。ここから「プライベートマッチ」や「サーモンラン」を楽しむことができます。

また『マリオカート8 デラックス』のローカル通信プレイは、1台のSwitch本体から最大2人まで参加して、最大8人まで同時に遊ぶことができます。

なおソフトによっては、ローカル通信プレイを楽しむために、事前にNintendo Switchユーザーとしてフレンド関係になっておく必要があったり、起動時に認証が必要になるなどする関係で、プレイ前にインターネット接続環境が必要となる場合があります。

  • ローカル通信プレイなら、本体を持ち寄って、インターネット環境がなくてもマルチプレイを楽しめる
  • 基本的に、参加する人数分の本体とソフトが必要
  • ソフトによっては、事前にフレンド登録や認証が必要な場合も

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible