任天堂が2017年3月に発売した「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」は、テレビにつなぐ据置型ゲーム機でありながら、携帯型ゲーム機のように持ち出して遊ぶこともできるハイブリッドコンソールです。

Switch本体を持っている友人たちと集まれば、その場でマルチプレイを楽しむことも(対応ソフトの場合)。

このページでは、Nintendo Switchのローカル通信プレイについて紹介しています。

Nintendo Switch ローカル通信プレイとは

Nintendo Switch は近くにある本体同士で無線通信を行い、複数人で一緒に遊ぶことのできる「ローカル通信プレイ」に対応しています。

Switchではオンラインプレイに関してNintendo Switch Online加入が必要となり、大半のソフトはオンラインプレイが有料化されています。インターネット環境を必要としないローカル通信を行う場合なら、通信料金はかかりません。

人数分のソフトと本体があれば、インターネット環境がない場所でも、携帯型ゲーム機のように、気軽に対戦プレイや協力プレイといったマルチプレイを楽しめます。

何台まで接続できる?

ローカル通信のマルチプレイは、最大8台までSwitch本体を接続して参加が可能。たとえば『スプラトゥーン2』も、8人集まって4対4のチーム戦でバトルを楽しむことができます。

『スプラトゥーン2』のローカル通信プレイは、ゲーム内施設の「イカッチャ」から。ここから「プライベートマッチ」や「サーモンラン」を楽しむことができます。また『マリオカート8 デラックス』のローカル通信プレイは、1台のSwitch本体から最大2人まで参加して、最大8人まで同時に遊ぶことができます。

なおソフトによっては、ローカル通信プレイを楽しむために、事前にNintendo Switchユーザーとしてフレンド関係になっておく必要があったり、起動時に認証が必要になるなどする関係で、プレイ前にインターネット接続環境が必要となる場合があります。

  • ローカル通信プレイなら、本体を持ち寄って、インターネット環境がなくてもマルチプレイを楽しめる
  • 基本的に、参加する人数分の本体とソフトが必要
  • ソフトによっては、事前にフレンド登録や認証が必要な場合も

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で