9月19日より正式サービスがスタートした Nintendo Switch のオンラインサービス「Nintendo Switch Online」。提供されているサービスの中に、セーブデータを自動的にオンラインで保管する「セーブデータお預かり」(クラウドセーブ)がありますが、利用期間終了後も一定期間はセーブデータが残ることが明らかになりました。

Nintendo Switch Online「セーブデータお預かり」、退会後はどうなる?

「セーブデータお預かり」はNintendo Switch Online のサービスの1つ。対応ソフトのセーブデータを、インターネットを通じて自動的に保管するクラウドセーブ機能です。

セーブデータはニンテンドーアカウントと紐付いて保管され、故障や修理などの万一の場合でも、「セーブデータお預かり」で保管してあるセーブデータを、スイッチ本体にダウンロードすることができます。

退会後のセーブデータの扱い

セーブデータが保管されるのは、Nintendo Switch Online に加入している期間内。では利用期間の終了後(退会後)、「セーブデータお預かり」に預けたセーブデータはどうなってしまうのでしょうか。

任天堂公式サイトFAQでは「「セーブデータお預かり」でお預かりしたセーブデータは、「Nintendo Switch Online」ご利用期間外の保管は保証いたしかねます。」と記載。すぐに消えるわけではなさそうですが、退会後は一定期間でセーブデータが消える可能性が示唆されていました。

最大180日はバックアップが保管

では退会後にバックアップが保管される期間はいつまで?Nintendo Switch Online 退会後も「セーブデータお預かり」に預けたセーブデータは最大180日間(約6か月)保管され、その間に再加入すれば以前のバックアップにアクセスるることができるようです。任天堂はIGNに対して、次のように回答しています。

「Nintendo Switch Online のメンバーシップが失効した場合、ユーザーはセーブデータのクラウドバックアップ(セーブデータお預かり)にアクセスできなくなります。ただし180日以内にNintendo Switch Onlineへ再加入していただければ、以前のセーブデータのクラウドバックアップにアクセスるることが可能です」

「セーブデータお預かり」は、『スプラトゥーン2』や『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』など、一部の非対応ソフトを除いて、本体がインターネットに接続されていれば、スリープ中であっても自動的にセーブデータをバックアップしてくれる、面倒な操作が不要なクラウドセーブ機能。

「Nintendo Switch Online」に加入するとセーブデータの自動バックアップがオンになるので、利用するための設定すら必要ありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で