国内 Wii U でも2015年3月にリリースされた2Dアクション『Giana Sisters: Twisted Dreams (ギアナシスターズ:ツイステッドドリームズ)』が、DLC収録や新規要素を追加した『Giana Sisters: Twisted Dreams – Owltimate Edition』となって、Nintendo Switchで発売されます。

発売日は2018年9月25日で、価格は29.99ドル/29.99ユーロ/29.99ポンド。パブリッシャーはTHQ Nordic傘下のHandyGames。

gamescom 2018にてスイッチ対応が発表されていましたが、発売日が決定しました。

Giana Sisters: Twisted Dreams – Owltimate Edition

THQ Nordicは9月3日、Nintendo Switch対応ソフト『Giana Sisters: Twisted Dreams – Owltimate Edition』を9月25日に発売すると発表しました。

パブリッシャーは同社傘下のHandyGames。

『Giana Sisters: Twisted Dreams』は、ドイツのデベロッパーBlack Forest Gamesが開発する2Dアクションゲーム。ドラゴンにさらわれた妹Mariaを救うため、姉Gianaを操作して様々なギミック満載のステージを攻略していきます。

最大の特徴は「ワールドチェンジ」という、美しい世界が丸ごとダイナミックに変化するシステム。ステージの背景だけでなくギミックも変化し、一方の世界でのみ道が開けたりするなど、攻略に欠かせないシステムとなっています。

Owltimate Editionの特徴

『Giana Sisters: Twisted Dreams – Owltimate Edition』では、オリジナル本編『Giana Sisters: Twisted Dreams』に加えて、独立DLC『Rise Of The Owlverlord』をはじめとする既存のDLCが収録。また、5つの新規ステージや、それぞれの間に挿入される新たなストーリーカットシーンによって、一層『Giana Sisters』を楽しめるようになっています。

ドイツ人コンポーザーChris Huelsbeck氏と、スウェーデンのバンドMachinae Supremacyによる新規トラックも収録されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で