ブンデスリーガ、『FIFA』のEAと契約を更新。セガやコナミとも新たに契約を締結

ドイツサッカーリーグ、ブンデスリーガを運営するドイツサッカーリーグ機構 (DFL) は18日、サッカーゲーム『FIFA』シリーズを展開するエレクトロニック・アーツと結んでいた「ブンデスリーガ」「2. ブンデスリーガ」に関するパートナーシップを、2022年まで更新したと発表しました。

またセガ、そしてコナミとも新たに契約を締結したことを発表しています。

ブンデスリーガがEAと交わした新たな契約は、2018年夏に開幕する2018/19シーズンから2021/22シーズンまでの4年間。1998年からはじまった両社の関係は、さらに複数年の契約によって一層強固なものとなりそうです。

EA はマッチ・シミュレーション製品でブンデスリーガを独占的に利用できるほか、権利はeスポーツにもおよび、タグホイヤー公式バーチャルブンデスリーガや FIFA Ultimate Team といった国内・国際大会を引き続き開催可能です。

EAとの良好な関係を維持する一方で、ブンデスリーガは今回、日本のゲーム会社2社と新たに契約を締結。この2社とは、単一のマネージャー・シミュレーション・ゲームにおいてブンデスリーガを利用できる契約で合意したということです。このジャンルでセガは『フットボールマネージャー』、コナミは『ウイニングイレブン クラブマネージャー (PES CLUB MANAGER)』を保有しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible