2018年5月13日〜19週のUKゲーム小売市場の週間セールスチャートが発表され、前週まで4週連続首位を続けているPS4『God of War』が今週も首位の座を守り、発売から5週連続で総合1位を獲得したことが明らかになりました。売上は前週比で35%減少していますが、それでもなお、他と比べて力強いセールスを見せています。SIE タイトルとしては、『The Last of US』の持つ連続6週の記録にあと1週に迫っています。

ワールドカップが近づき、価格プロモーションも実施された効果で『FIFA 18』が2位に浮上。売上は89%増となりました。

3位でデビューしたのはニンテンドースイッチの『Hyrule Warriors: Definitive Edition (ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX)』。Wii U版、ニンテンドー3DS版、そしてすべての追加コンテンツを網羅する『ゼルダ無双』の完全版が、2014年のWii Uオリジナル版と同じ位置でデビューを飾りました。なお初週売上は、2016年の3DS版よりは多かったものの、Wii U版の半分以下に減少しているということです。

『Donkey Kong Country Tropical Freeze (ドンキーコング トロピカルフリーズ)』が4位に後退。ただ売上は引き続き好調を維持しています。

イギリスでは今月、「LetsPlayMay」という複数の小売が参加する大規模なプロモーションが実施中。17タイトルが対象になっているそうで、キャンペーンに含まれるソフトは軒並み売上を伸ばし、トップ40内に13タイトル、トップ10内に4タイトルが入りました。たとえば6位の『LEGO Marvel Superheroes』や7位の『Assassin’s Creed Origins』、9位『GTA V』、10位『Call of Duty: WWII』が該当するタイトルで、いずれもトップ10入りをはたしています。

その他、今週の新作ではアトラスの『Shin Megami Tensei Strange Journey Redux (真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY)』(31位)と『Dragon’s Crown Pro (ドラゴンズクラウン・プロ)』(33位)がトップ40内でデビューしています。

『ゼルダ無双』『ドンキーコング』以外の任天堂タイトルでは、『マリオカート8 デラックス』が8位でトップ10入り。『スーパーマリオ オデッセイ』が11位で前週と変わらぬ位置につけています。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は16位に2ランクアップ。『スプラトゥーン2』も25位から19位に上昇し、トップ20に返り咲いています。

『Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit』は25位、『1-2-Switch』は32位、『星のカービィ スターアライズ』は35位でトップ40に復帰しました。

UKチャート トップ20: 2018.5.13 ~ 5.19

  1. (1) GOD OF WAR – SIE
  2. (4) FIFA 18 – ELECTRONIC ARTS
  3. (–) ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX – 任天堂
  4. (2) ドンキーコング トロピカルフリーズ – 任天堂
  5. (3) FAR CRY 5 – UBISOFT
  6. (7) LEGO MARVEL SUPER HEROES 2 – WARNER BROS. INTERACTIVE
  7. (8) ASSASSIN’S CREED ORIGINS – UBISOFT
  8. (6) マリオカート8 デラックス – 任天堂
  9. (9) GRAND THEFT AUTO V – TAKE 2
  10. (16) CALL OF DUTY: WWII – ACTIVISION
  11. (11) スーパーマリオ オデッセイ – 任天堂
  12. (5) FALLOUT 4 – BETHESDA SOFTWORKS
  13. (10) DESTINY 2 – ACTIVISION
  14. (17) CRASH BANDICOOT N.SANE TRILOGY – ACTIVISION
  15. (12) PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS – MICROSOFT
  16. (18) ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 任天堂
  17. (22) ROCKET LEAGUE: COLLECTORS EDITION – WARNER BROS. INTERACTIVE
  18. (14) STAR WARS BATTLEFRONT II – ELECTRONIC ARTS
  19. (25) スプラトゥーン2 – 任天堂
  20. (28) TOM CLANCY’S RAINBOW 6: SIEGE – UBISOFT

スイッチチャートは次のようになりました。『ゼルダ無双』が1位でデビューした関係で、定番タイトルが1ランクずつダウン。前週トップ20に復帰した『FIFA 18』は8位まで順位を上げています。新作ではアメコミをベースにしたターン制RPG『Battle Chasers: Nightwar』が12位でデビュー。本作は海外版の時点ですでに日本語対応が済んでいます。日本市場でのリリースも期待できるのではないでしょうか。

またその1つ下の13位にはサスペンスアドベンチャー『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- COMPLETE EDITION』も入っています。

Nintendo Switch チャート トップ20

  1. (–) ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX – 任天堂
  2. (1) ドンキーコング トロピカルフリーズ – 任天堂
  3. (2) マリオカート8 デラックス – 任天堂
  4. (3) スーパーマリオ オデッセイ – 任天堂
  5. (4) ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 任天堂
  6. (5) スプラトゥーン2 – 任天堂
  7. (6) Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit – 任天堂
  8. (18) FIFA 18 – EA
  9. (7) 1-2-Switch (ワンツースイッチ) – 任天堂
  10. (11) 星のカービィ スターアライズ – 任天堂
  11. (8) LEGO MARVEL SUPER HEROES 2 – WARNER BROS. INTERACTIVE
  12. (–) BATTLE CHASERS: NIGHTWAR – THQ NORDIC
  13. (–) LITTLE NIGHTMARES: COMPLETE EDITION – バンダイナムコエンターテインメント
  14. (9) マリオ + ラビッツ キングダムバトル – UBISOFT
  15. (13) JUST DANCE 2018 – UBISOFT
  16. (10) ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX – 任天堂/ポケモン
  17. (–) LEGO WORLDS – WARNER BROS. INTERACTIVE
  18. (15) THE ELDER SCROLLS V: SKYRIM – BETHESDA SOFTWORKS
  19. (12) ソニックフォース – セガゲームス
  20. (14) Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit – 任天堂

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で