【比較】『ドンキーコング トロピカルフリーズ』Nintendo Switch版とWii U版との違い、画質強化や新要素、ロード時間短縮など

2014年2月にWii Uで発売された「ドンキーコング」主役の横スクロールアクションゲーム『ドンキーコング トロピカルフリーズ (Donkey Kong Country: Tropical Freeze)』が、Nintendo Switchで移植発売されました。

『マリオカート8 デラックス』のように “デラックス” とは付いておらず、またタイトルも『ドンキーコング トロピカルフリーズ』で変更ありません。

一見同じように見えますが、Wii U 版と Nintendo Switch 版にどのような違いがあるでしょうか。このページではNintendo Switch版での追加要素や変更点をまとめています。

ドンキーコング トロピカルフリーズ とは

『ドンキーコング トロピカルフリーズ (Donkey Kong Country: Tropical Freeze)』は元々、2014年2月に発売されたWii U用のアクションゲーム。開発はWiiソフト『ドンキーコング リターンズ』に引き続きレトロスタジオが担当しました。

地面を叩いたり転がったり、引っぱったり。ドンキーコングならではの重量感あるパワフルなアクションや、横スクロールながらカメラワークも進化し表現力が増した仕掛けいっぱいのステージ、印象的なBGMなどを楽しむことができます。

北の海からやってきたバイキングに氷漬けにされ、島ごと乗っ取られてしまった故郷DKアイランドを取り戻すため、ドンキーコングとその仲間たちが6つの個性豊かな島をめぐりながら我が家を目指すというストーリーがNintendo Switch でもはじまります。

Nintendo Switch 版はオリジナル版の内容に加えて、遊びやすい新要素が追加されています。

ニンテンドースイッチ版の追加要素・変更点

Nintendo Switch版には、Wii U版と同じ内容の「オリジナルモード」が遊べるのに加えて、新たに「ファンキーモード」という新モードが搭載されています。

このモードでは、冒険に出たクランキーコングの代わりに、自身の飛行機を改造したショップ「フライ・アンド・バイ」でアイテムを売っている陽気なイケイケサーファー「ファンキーコング」が操作キャラクターに追加。彼ならではのオリジナル能力を駆使してゲームを攻略していくことができます。

ファンキーコングの能力

ファンキーコングはダブルジャンプやサーフボードを使ったホバリング(ふんわりジャンプ)に加え、サーフボードによるトゲ地帯の無効化、連続ローリング、シュノーケル装着で水中での息継ぎ要らずといった、様々なオリジナル能力を持っています。

さらに、ライフが5つあったり、アイテムも安く、入手しやすくなるなど「ファンキーモード」は遊びやすくなっています。

ライフ・アイテムもパワーアップ

ファンキーコングはライフ数も5つと他キャラより多く設定。難しくクリアが難しい手強い場面でもファンキーに乗り越えられそうです。またドンキーコングたちのハートも普段より1つ多い3つになります。

ショップから購入できるアイテムもより安価になり入手しやすく。またコースに持ち込める数だって3つから5つに増加。コースの途中でも持ち込めるようになっています。

穴におちても3回まで復帰できる「グリーンバルーンセット」や、5回まで攻撃からのダメージを防ぐ「バナナジュース」、乗り物に乗っている時のダメージを3回まで防ぐ「クラッシュガード」といったアイテムが登場します。

画質の向上

Wii U版が720pだったのに対して、Nintendo Switch版はTVモード時、フルHDの1080pに画質が強化されています。携帯モードでは1152×648でした。

ロード時間の短縮

Wii U版で気になったローディングの長さもNintendo Switch版では改善。起動時やステージ移動などあらゆる部分で快適に。ゲーム開始時、Wii U版では約40秒かかっていたのが、Switchでは11秒に短縮。ステージ選択してから開始までもWii Uの1/2ほどに短縮しています。

ファイルサイズの縮小

Switch版はパフォーマンス面以外にもWii U版から大きく変わった点がありました。ダウンロード版を購入した場合、Wii U版は10GBの空き容量が必要なのに対して、Switch版で要求されるのは6.6GB。Switchは本体保存容量が大きくありませんから、ファイルサイズが小さく済んでいるのは嬉しい話。

 Nintendo SwitchWii U
ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switchドンキーコング トロピカルフリーズ - Wii U
発売日2018年5月3日2014年2月13日
価格5,980円+税5,700円+税
プレイ人数1 -2 人1 -2 人
DL版に必要な容量6.6GB 以上10GB 以上
解像度1080p(TVモード)
1152x648(携帯モード)
720p
フレームレート60fps60fps
ローディング時間短い長い
ファンキーモード×

Switch版の対応コントローラー

Switch版の対応コントローラーは、Joy-Con2本持ち、Joy-Conグリップ装着、Joy-Con横持ち。さらにNintendo Proコントローラーも使用可能です。

おすそ分けプレイに対応

Wii U版でも2人プレイを楽しむことはできましたが、Wiiリモコンなどのコントローラーを別途用意する必要がありました。Nintendo Switch版はおすそ分けプレイに対応しているので、すぐにマルチプレイを始められます。

share

Amazon セール・キャンペーン

プライムデー(10/13・14)

年に一度のビッグセール、プライムデーが今年は10月13・14日の2日間にわたって開催。タイムセールで目玉商品が続々登場するのはもちろんのこと、最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンや日本の中小企業応援企画、スタンプを集めて最大20,000ポイントが抽選で当たるプライムデースタンプラリーなども実施されます。

いくつかのキャンペーンは、プライムデーに先行してスタート。

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

プライムデーに先駆けて、「Amazonブランド・限定ブランド 先行セール」がはじまっています。家電、日用品、ファッション小物ほか対象商品が20%オフなど。プライムデー開催期間中は最大30%オフに。

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員ならプライムデーキャンペーンで最大3%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】プライム会員なら初回登録時、最初の3か月を99円(約97%OFF)で利用できます。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】今なら新規会員登録で初回4か月間が99円。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック