Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 本体を任天堂VS.システムライクな形で楽しめる『対面型アーケードスタンド』が登場します。以前、ゲーセン気分を楽しめる『折りたたみアーケードスタンド』という製品を紹介していますが、また新たに、スイッチの「テーブルモード」をアーケード筐体風に楽しめる製品が発売。

スイッチが任天堂VS.システムライクになる対面型アーケードスタンド

『対面型アーケードスタンド』は、ニンテンドースイッチ本体をセットするだけで、アーケード筐体風、特に任天堂VS.システムライクな形で楽しめる周辺機器。対面型なので、向かい合わせにスイッチを2台、Joy-Conを4つセットして仲間と一緒にゲーセン気分を楽しむことができます。

収納したまま充電を行えるよう、ケーブル差し込み口も用意されています。これによりバッテリー残量を気にすること無く、充電をしながら、ゲームや動画を楽しめます。

各部に通気口が作られており、排熱対策についても配慮されているほか、小物が入れられるケースが付属しています。

カラーバリエーションはレッドとブラックの2種類。発売は5月予定。

対面型アーケードスタンド(Switch用) 概要

  • サイズ:約250mm×320mm×210mm
  • カラー:レッド、ブラック
  • 素材:ABS樹脂
  • セット内容:製品本体、小物入れケース×2
(Switch用) 対面型アーケードスタンド (レッド) - Switch
(Switch用) 対面型アーケードスタンド (レッド) – Switch
メーカー: コロンバスサークル
発売日: 2018-05-31

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で