コナミアミューズメントとセガ・インタラクティブおよびバンダイナムコエンターテインメントは、3社の間でアーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意したと発表しました。2018年夏頃までに、3社の対応機種やIDサービスの相互利用が始まる予定。

コナミ、セガ、バンナムがアーケードゲーム用ICカードの仕様統一で合意

アーケードゲーム用ICカードは、アミューズメント施設に設置されたネットワーク接続型のアーケードゲームで遊ぶ際に使用されるユーザー認証カードのこと。現在は3社それぞれの規格で展開していて、コナミは「e-AMUSEMENT PASS」、セガ・インタラクティブは「Aime」、バンダイナムコエンターテインメントは「バナパスポート」というサービスを提供しています。

仕様統一後は、それぞれ「アミューズメントICカード」対応という形となり、3社の対応機種を利用できるようになります。共通マークも定められ、今後各社の対応カードに表記されるようになります。

スクエニ「NESiCA」は?

大手3社が合意に達した、今回のアーケードゲーム用ICカード仕様統一ですが、スクエニ系のNESiCAが含まれていません。さらなる利便性向上やアミューズメント施設の活性化へ、スクエニの動向が注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で