任天堂、トヨタや三菱UFJらを抑え2016年度の株式売買代金トップに。『ポケモンGO』やスイッチ発売で人気

Nintendo Switch Hardware Box Art

日本経済新聞によると、2016年度の株式売買代金は、トヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャル・グループといった上位常連を抑え、任天堂が過去20年で初めて1位となりました。

モバイル向けゲームアプリ『ポケモンGO』や新型ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」の発売など1年を通して話題が豊富で、売買代金は15年度の4倍に膨らみました。

日経によると、任天堂株の売買代金は17兆6000億円。2位のトヨタ自動車(13兆9000億円)や三菱UFJフィナンシャル・グループ(13兆2000億円)を引き離しての首位でした。任天堂の3月末日の株価終値は2万5835円で、この1年で約6割上昇しました。

主導したのは成長力に期待する個人マネーということですが、機関投資家も売買に参加し活況に。2016年7月20日には売買代金が7323億円となり、個別銘柄としては過去最高を記録しました。

ちなみに、過去20年で年間売買代金の首位を獲得している企業は、ソフトバンクグループが最多の5度。これに、みずほフィナンシャルグループの4度、ソニーの3度が続いているということです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。