Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) は素早くゲームを再開できるよう設計されていて、電源ボタンを押すと画面は消えますが電源はオフにならず、スリープモードに入ります。バッテリー消費を抑えながらすぐにゲームを再開できる優秀なスリープ機能ですが、microSDカードを交換するときなど、電源をオフにしたい時もあります。

このページでは、ニンテンドースイッチ本体の電源を完全に切る方法をご紹介。

ニンテンドースイッチ本体の電源を完全に切るには?

ニンテンドースイッチをスリープ状態ではなく完全に電源を切るための方法ですが、スイッチ本体の電源ボタンを押すところまではスリープにするのと同じです。ただそのとき、長押し(約3秒)することで、通常のスリープに入らず、画面に「電源オプション」という項目が表示されるようになります。

「電源オプション」を選択すると、「再起動」「電源OFF」を選べるようになるので、「電源OFF」を選択します。すると画面が暗くなり、電源がオフになります。

スイッチ本体の電源をオンにする

完全に電源がオフになった状態のニンテンドースイッチは、電源ボタンを押すことで再び電源をオンにすることができます。電源が入らないときはバッテリーが切れている場合があるので、ニンテンドースイッチドックに差し込んで充電するなりして充電したあとで電源をオンにするようにしてください。

ニンテンドースイッチ本体のUSB-C端子に直接ケーブルをつないで、モバイルバッテリーなどを使用して充電する方法もあります。一般販売されているケーブルも利用できますが、任天堂公式としては純正の『USB充電ケーブル(HAC-010)』(公式のJoy-Con充電グリップSwitch Proコントローラーに付属しています)を使用するよう案内しています。

Nintendo Switch ACアダプター
Nintendo Switch ACアダプター
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で