Nintendo Switch は32GBの本体保存容量がありますが、システム領域を除いた実質保存容量は25GBほどとなります。

ダウンロード版やダウンロードソフト、追加コンテンツといったニンテンドーeショップのデジタルコンテンツを買うのにこれでは足りない。ということで、本体に1つ備わっているmicroSDカードスロットを使い、保存容量を増やすことにしました。

購入したのは SanDisk(サンディスク)のmicroSDXCカードで、容量は200GBのもの。型番は「SDSQUAR-200G-GN6MA」です。海外パッケージです。

Sandisk microSDXCカード 200GB SDSQUAR-200G-GN6MA のスペック

型番:SDSQUAR-200G-GN6MA
容量:200GB(Switch上で表示される、実際に使える容量は183GBほど)
カードタイプ:microSDXC
読み取り速度:最大100MB/s 667X
スピードクラス:U1 A1 Class10
SDアダプタ:付属

任天堂が推奨している、UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応、読み込み速度 60~95MB/秒をいずれもクリアしています。

ベンチマークテスト

MacでHDDやSSD、SDカードなどのパフォーマンスを測定するストレージベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」を使い速度をチェック。

結果は下のようになりました。

読み込み速度は安定して90MB/s以上と期待通りでしたが、書き込み速度が思っていたよりもちょっと遅いかな?という印象です。何度か試してみても50MB/sを超えるくらいまでの速度でした。

Nintendo SwtchでmicroSDカードを使う

Nintendo SwitchでmicroSDXCメモリーカードを使うには、インターネットに接続して本体更新が必要です。表示される指示通りに進めるだけなので、何も問題はないかと思います。

Switchに表示された実際の保存容量は183GBほどでした。読み込み書き込みも問題なし。

より値ごろだった128GBもありますけれど、パッケージ版もダウンロード版が多く、ニンテンドーeショップで増えてくるだろうダウンロードソフトの方も気になるしということで、自分のプレイスタイルを考えて1つ上の200GBを選択。しばらくこれでいこうかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で