スクエニ、米マーベルと複数のオリジナルゲーム開発で提携。第1弾『アベンジャーズ』は『トゥームレイダー』開発元が担当

スクウェア・エニックスは27日、マーベル・エンターテイメントと複数のゲーム開発や販売におけるパートナーシップで合意したと発表。第1弾タイトルのアナウンストレーラーを公開しました。

スクエニ × マーベルの『アベンジャーズ』プロジェクト

今回の契約により、スクエニはマーベルが保有するキャラクターを活用した複数のオリジナルゲームを開発・販売。提携タイトルの第1弾タイトルは『アベンジャーズ』をベースにしたオリジナルゲームで、スクエニグループの開発スタジオである Crystal Dynamics と Eidos- Montreal が共同開発を行います。

Crystal Dynamics は『トゥームレイダー』シリーズの開発元として、Eidos- Montreal は『 Deus Ex』の開発元としてよく知られるデベロッパー。両社は最近の『トゥームレイダー』(リブート作や『Rise of the Tomb Raider』)でもタッグを組んでいます。

マーベルによると、第1弾の『The Avengers Project』はワールドワイドのゲームファンを対象に制作。長年のファンも満足させる、キャラクターや環境、象徴的な瞬間を収録しているということです。ストーリーは完全オリジナル。詳細や第2弾以降のプロジェクトに関しては2018年に発表予定。

The Avengers Project Announcement Trailer

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。