スクエニ、米マーベルと複数のオリジナルゲーム開発で提携。第1弾『アベンジャーズ』は『トゥームレイダー』開発元が担当

スクウェア・エニックスは27日、マーベル・エンターテイメントと複数のゲーム開発や販売におけるパートナーシップで合意したと発表。第1弾タイトルのアナウンストレーラーを公開しました。

スクエニ × マーベルの『アベンジャーズ』プロジェクト

今回の契約により、スクエニはマーベルが保有するキャラクターを活用した複数のオリジナルゲームを開発・販売。提携タイトルの第1弾タイトルは『アベンジャーズ』をベースにしたオリジナルゲームで、スクエニグループの開発スタジオである Crystal Dynamics と Eidos- Montreal が共同開発を行います。

Crystal Dynamics は『トゥームレイダー』シリーズの開発元として、Eidos- Montreal は『 Deus Ex』の開発元としてよく知られるデベロッパー。両社は最近の『トゥームレイダー』(リブート作や『Rise of the Tomb Raider』)でもタッグを組んでいます。

マーベルによると、第1弾の『The Avengers Project』はワールドワイドのゲームファンを対象に制作。長年のファンも満足させる、キャラクターや環境、象徴的な瞬間を収録しているということです。ストーリーは完全オリジナル。詳細や第2弾以降のプロジェクトに関しては2018年に発表予定。

The Avengers Project Announcement Trailer

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible