任天堂、WiiUが今週にも生産終了との海外報道は「事実ではない」「まだ予定タイトルがあり、生産は継続」

一部報道にて生産終了が報じられた任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U」ですが、任天堂の担当者はこの噂を「事実ではない」と否定しています。

欧州メディア Eurogamer は1日、複数の信頼筋から得た情報だとして、Wii U の生産は11月4日をもって終了すると報じました。この記事内容について取材したところ、任天堂はコメントを控えたとされています。

このウワサは日本でも拡散。情報を聞きつけたITmedia のねとらぼが、任天堂へ確認をとったところ、広報担当者は「事実ではない」とコメント。

今期は80万台まで販売目標が減少したり、欧州ではオンライン小売に対して最終受注の案内が届いたなんて言われていたり。

据置型ゲーム機扱いの新ハード「Nintendo Switch」も2017年3月に控えていて、任天堂・君島社長も Switch へ注力するために、2018年3月期にWii Uの生産を終える可能性があるとの発言をしています。

正直、いつそのときが来ても驚かないような状況。

ただ、少ないとはいえまだ発売予定タイトル(『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』)が残っており、『スプラトゥーン』や『スーパーマリオメーカー』といった定番ソフトも動いていることから、少なくともこのタイミングで生産を終了するということは無いようです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。