『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は原点回帰、でも初代の再構築ではない

遂にE3 2016で正式お披露目となった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、「ゼルダの当たり前を見直す」というテーマのもと、どこに行って何をするのも自由、選択がプレイヤー1人1人の手に委ねられている新しい型のゼルダタイトル。加えて、ゼルダが本来持っていたプレイヤーが考えて遊ぶ「自由なアドベンチャー」を取り戻す、原点回帰でもありました。

最新作『BotW』のテストプレイヤーからは、初代との関係性を気にする声もあるという任天堂・宮本茂氏。ですが開発チームは、初代をリ・クリエイトしようとしているわけではありません。『ゼルダ』はシリーズが進むにつれて、謎解きは残しているものの、パートナーがおせっかいなほど次のルートをナビゲートする、非常にシーケンシャルな1本道のゲームになっていきました。これを初代がもっていたルーツに戻そうということで、最新作の開発がスタートしたのだそう。

最近の据置ゼルダに多かった過剰なナビについては、シリーズ総合プロデューサーである青沼英二氏も「以前のゼルダでは、プレイヤーが迷わない構造にしていた」と当時の狙いを振り返っています。初心者でも遊びやすかった一方で、指示されながら進んでいく少し窮屈なゲームになっていった側面も。

最新作では、様々な場面で初代との共通点を目にすることができます。たとえば今回リンクは裸の状態(ボクサーブリーフは履いている)でスタートしますが、最初のゼルダも何もない素の状態でゲームが始まります。

30年前の初代開発中、決まったルートのあるゲームをクリアすることになれていたモニターからは、ゼルダは何をしていいのかわからないゲームだという意見が多かったそうです。いきなり放り出されますからね。

そうした意見を踏まえて宮本氏は何をしたかというと、リンクが持っていた剣も無くして、本当に何も分からないところから始まる仕様に変更。「自分で考えて遊ぶ」ゲームなんだということを、プレイヤーにより分かりやすく提示したといいいます。

ストーリー等に関しても、最近のゼルダでは色々な人が出てきてリンクに説明してくれていましたが、この点も今回は原点に立ち返って、自分が何者か分からない状態からゲームがスタート。この大自然と接しているうちに、徐々に理解が深まっていくと言われています。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大2,000 円分ポイントがもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部の楽曲は Ultra HD 音質にも対応する、より高音質な「Amazon Music HD」へのアップグレードも無料。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック