【U-NEXT】TBSとの資本業務提携関係を強化、240億円調達


 

USEN-NEXT HOLDINGSとTBSホールディングスは2023年6月29日、資本業務提携をより一層強化するパートナーシップ協定を締結しました。また合わせて実施するU-NEXTの第三者割当増資により、TBSはU-NEXTの発行済み株式の20%を取得。TBSはU-NEXTを持分法適用関連会社とします。U-NEXTの調達額は約243億円。

コンテンツを強化するなどサービスの一層の充実を図ります。

また将来的に今回の資本業務提携による協業シナジーの創出が相互確認できた場合、さらなる連携強化やU-NEXT事業を成長させるため、U-NEXTに対するTBSの議決権比率を最大30%まで高められることにも合意しています。

U-NEXT × TBS

U-NEXT は2023年3月31日付で有料動画配信サービス「Paravi(パラビ)」を運営していたプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)と経営統合。これにより有料会員数385万人以上、配信コンテンツ36万本以上(※2023年5月末時点での単純合算)を擁する国内勢最大の動画配信プラットフォームとなりました。そして7月1日からは Paravi で提供されていた約 1 万本のコンテンツが U-NEXT に移管され、“新生U-NEXT”がスタートします。

U-NETは今回の提携により主に3点「コンテンツ」「プロモーション」「クリエイティブ・開発」の分野でビジネスシナジーを創出していきたい考え。

コンテンツ分野

・コンテンツ制作、調達における規模感、スピード感の強化
・大型ライブイベントやスペシャルドラマなど、配信と放送のクロスプラットフォームを生かした企画の実施
・U-NEXTが強みを持つ映画や欧米・韓流ドラマに、TBSグループのドラマ・バラエティ・スポーツなど独占コンテンツを加えたラインナップの充実

プロモーション分野

・地上波テレビ・ラジオ・BS・CSなどTBSグループのパートナーメディアでの積極的発信
・U-NEXTが得意とするデジタル広告や映画館・家電量販店での露出を組み合わせた「クロスマーケティング」の実施

クリエイティブ・開発分野

・両社の開発リソースを用い、ARやVRなど新技術を活用したサービス開発

U-NEXT について

「U-NEXT」は 32 万本以上の映画やドラマ、アニメなどの動画見放題に加え、190誌以上の雑誌が読み放題となる「観る」と「読む」をまとめて楽しめる動画配信サービスです。スペインサッカーリーグ「ラ・リーガ」も追加料金なし、見放題でライブ配信。オトナ向け動画も6万本が見放題。

月額料金は 2,189 円(税込)。初回31日間の無料トライアルつき(有料作品の購入・レンタルや電子書籍に使えるポイントも 600 円分もらえる)。

ファミリーアカウントを作成すれば、1契約で最大4アカウント利用できる。視聴のプライバシーが守られるので安⼼です。

月額料金に含まれる 1,200 ポイントで、見放題に含まれない 5 万本もの公開・放送されたばかりの最新作をレンタルしたり、105 万冊以上(マンガ 67 万冊、書籍 31 万冊、ラノベ 7 万冊)の電子書籍を購入したり、劇場鑑賞用の映画チケットへ引き換えたりなどすることも可能です。

無料マンガ 15,000 冊以上や毎日無料 50,000 話以上も楽しめる。

※見放題の配信本数、読み放題対象の雑誌数は 2024 年 4 月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXT まずは31日間無料体験


この記事をシェアする

Next

Previous