映画『スーパーマリオ』世界興収12.1億ドル突破し歴代4位のアニメ映画に、海外では16日からデジタル解禁


The Super Mario Bros. Movie ザ スーパーマリオ ブラザーズ ムービー

 

毎週のように新たな記録達成が報じられている任天堂とイルミネーションによるアニメーション映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』。賑わいは続いており、現在のところ世界興行収入 12.1 億ドルを記録しています(内訳は北米5.31億ドル、その他6.8億ドル)。

この数字によりマリオ映画はまた新たな記録に到達。2015年の『ミニオンズ』を上回り、アニメーション映画として歴代4位に浮上しました。『ミニオンズ』を抜いたことでマリオはイルミネーション制作の中で歴代 1 位の作品に。

アニメーション映画歴代トップ3は、ディズニー作品が占めています。3位はピクサーの『インクレディブル・ファミリー』(12.43億ドル)、2位は『アナと雪の女王』(12.76億ドル)、そして1位は『アナと雪の女王2』(14.5億ドル)。

  1. アナと雪の女王2(14.5億ドル)
  2. アナと雪の女王(12.76億ドル)
  3. インクレディブル・ファミリー(12.43億ドル)
  4. ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(12.1億ドル)*公開中
  5. ミニオンズ(11.59億ドル)

まだ劇場公開中の『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』ですが、5月16日(海外)からはデジタル配信が解禁。Amazon Prime Video や YouTube Movies、Google Play、iTunes などで配信されます。劇場での成功を受けて、当初5月9日に予定されていたデジタル配信は一週間延期されています。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の劇場公開は日本では海外から 3 週間ほど遅れました(北米含む海外4月5日、日本は4月28日)。デジタル配信も同程度スライドするのであれば 6 月上旬頃。それとも時期の調整があるのかどうか。

Amazon Prime Video


share